まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
一ノ瀬靖博

快適な住まいを守る屋根工事のプロ

一ノ瀬靖博(いちのせやすひろ)

(有)一ノ瀬瓦工業

お電話での
お問い合わせ
055-262-2771

コラム

America de¨ kawara¨project。。。♯7「塀のカーブ」

アメリカ瓦プロジェクト

2016年6月25日 / 2018年9月1日更新

みなさんお疲れ様です。。。
いよいよ梅雨らしいジメジメモードになってきましたね☂
瓦屋さんには厳しい季節到来です…

さてさて。。。
America de¨ kawara¨project第7回はついにアレについてです(>_<)

はい…

塀のカーブですw(゚o゚)wギャ



瓦の到着が遅れ、工事終了日も指定され、休みも無くランチタイムも削り、馬車馬のように作業しつづけてる毎日・・・
板塀瓦の合端が思ったよりも手こずり・・・
工程の入れ替えも響き…
わたしだいぶ焦ってます…((+_+))アタマパンパン

それでも連日訪れる訪問客とスタッフ達は、うれしそうに日本の瓦を堪能しているご様子♪
それだけは励みになったし、すご~く嬉しかったです(*^^)
紹介してくれる雰囲気もとっても良い感じに♪

で、ついに外側カーブに到着…
昨夜から紙と机と頭の中でシミュレーション。。。
してみるものの…やっぱり直接触りながらじゃないとピンとこない…
外カーブは、前はそのままで上(内側)を削り落とすからまだイメージしやすいですが、逆に内カーブは下(前側)を削り落とすから計算するのがとても大変…((+_+))
面と下のラインと全体のバランスは、少しでも崩れていると素人目で見ても違和感を感じてしまうので、常に全体のバランスを把握しながら取り付けるのが重要です。。。
ふと眺めたら5枚前が思ってもみない角度で付いていたり、隙間があいていたりなんて・・・
そんなことにならないように慎重に、でも手早い仕事が求められます。。。






ちなみに板塀瓦は前から見た面が長方形なので、どこで切り落としても問題ないのですが、これが一文字軒瓦となると話は別です。この辺は文章だとなかなか説明しづらいですが、もし、この塀が一文字軒瓦の仕様で、突然カーブに設計変更されていたらお手上げだったでしょうね~(。-д-。)ゾットシマス

カーブはもちろん難しかったんですが、塀の角に付く「切隅瓦」や内側の角の「谷」部分の納めも苦労しました…
角の左右の形状を一緒にするためには、地割(屋根面に対して一枚一枚の寸法を測って調整して並べること)が必要です。この辺は説明が厄介なので省きますが…



とにかく。。。
頭がパンパンのこちらの苦労をよそに、毎日スタッフ・お客さんともに「アメージング‼」の嵐でした♪
ポールさんも一安心といったご様子。。。
この塀のカーブという最大の難関を制覇したことにより、より一層の信頼を得ることができたのでした(*^^)v
この時すでに、瓦到着より13日経過。
ここから塀の棟とり・東屋の一文字合端・取り付け・平葺き・棟とりを、残り14日で終わらせなければならないという、新たな試練が待ち構えているのでした( ´∀`)σσムリッショ!!

つづく



★★★★★★★★ホームページ・ブログはこちら★★★★★★★★

◆一ノ瀬瓦工業HP
http://ichinose-kawara.jp/

◆スタッフブログ
http://garakusya.exblog.jp/

◆marimo café & dining
https://www.facebook.com/marimo.cafe.dining

◆icci KAWARA PRODUCTS 
http://icci-kawaraproducts.com/

この記事を書いたプロ

一ノ瀬靖博

一ノ瀬靖博(いちのせやすひろ)

一ノ瀬靖博プロのその他のコンテンツ

Share

一ノ瀬靖博プロのその他のコンテンツ