マイベストプロ山梨

コラム

Google広告を使いこなせ!

2021年8月26日

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: マーケティング戦略広告 マーケティングWEBマーケティング 基礎

Google広告とは、Googleが提供しているオンラインの広告です。自社のサービスや商品に関連する言葉を検索するユーザーや、関心を持っている潜在顧客に対して広告を表示できます。Googleのプラットフォーム上に表示されるため、自社のECサイトへアクセスを促すことが可能になります。

この記事ではGoogle広告に興味を持たれている方に、Google広告の運用と事例について詳しく解説します。

○Google広告の運用と事例について

Google広告はWeb広告をリードしており、多くの広告主から選ばれる存在です。その理由は「最低限の予算で広告を出せる」「ターゲティングが最適化される」という特徴があるからです。

Google広告を運用して成功した事例について紹介します。

①ゆりダンススクールの成功事例

ゆりダンススクールは、従来はチラシの配布でダンススクールの生徒を集客していました。しかしなかなか成果が上がらず、自社サイトの立ち上げをきっかけにGoogle広告を運用して集客を始めました。

地域密着の小規模なダンススクールのため、地域ターゲティングを絞り込み、広告の文言の改善などを行って広告を運用しました。すると、ダンススクールの体験申し込みの件数が従来の3倍に増えたのです。

この成功事例は、チラシとGoogle広告ではターゲティングの精度に大きな違いがあることを教えてくれます。小規模な店舗ビジネスでもGoogle広告との相性は良いのです。

②ココマミーの成功事例

ココマミーはマタニティウェアのECサイトです。同社は当初、「妊婦」のような検索数の多い言葉で広告を出稿していましたが、様々なニーズを持ったユーザーが混在してしまい中々おもったような成果が出せないでいました。

そこで、同社は広告の戦略を一新して「妊婦 お腹 張る」のような、より具体的なキーワードで広告を出稿しました。キーワードが具体的になる事によって、ユーザーがどのようなニーズ持っているかが分かりやすくなります。

「妊婦 お腹 張る」で検索するユーザーが必ずしもマタニティウェアを探しているとは限りませんが、潜在的な顧客に「ココマミー」というECサイトの認知拡大に成功しました。

結果的に、Google広告経由のユーザーが売上の4割を占めるという成功事例になりました。

○まとめ

この記事ではGoogle広告に興味を持たれている方に、Google広告の運用と事例について解説しました。紹介した成功事例を参考にして、Google広告を自社のスタイルに合わせる形で運用を検討してみてはいかがでしょうか。

成功事例を真似してやってみる。それがGoogle広告運用の成功の近道です。

この記事を書いたプロ

須貝裕介

SNSマーケティングのプロ

須貝裕介(富士ヘルスケア&ストラテジー合同会社)

Share

須貝裕介プロのコンテンツ