マイベストプロ山梨
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ山梨
  3. 山梨のビジネス
  4. 山梨の経営コンサルティング
  5. 須貝裕介
  6. コラム一覧
  7. 【重要】マーケティングで必須とされるペルソナとは?ターゲットとの違いも徹底解説

コラム

【重要】マーケティングで必須とされるペルソナとは?ターゲットとの違いも徹底解説

2021年8月9日

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: マーケティング戦略マーケティング手法WEBマーケティング 基礎

マーケティングをする上で欠かせない「ペルソナ」の設定。何となく分かっているつもりだけれども理解ができていなかったり、今更「ペルソナって何?」とはなかなか聞けないという方も多くいることでしょう。実際にペルソナとターゲットを同じと考えている人も多数いますが、この2つには明確な違いがあります。そこで今回は、ペルソナについて詳しく解説していきます。

〇ペルソナとは?
ペルソナとは、マーケティングの際に使われる言葉で、自社の商品やサービスを購入してくれる典型的なユーザーの想定のことです。マーケティングを行う際には最初に商品の企画をする段階から、実際に広告を出して顧客の手元に届けるまで、一貫した戦略を練る必要があります。しかし、共通のものがなければそのイメージがずれてしまうことがあるので、架空の顧客像を設定することによって、最後まで同じイメージでマーケティングを行うことができるようになります。そのため、マーケティングにおいてはペルソナ設定が重要だと言われています。

〇ペルソナとターゲットの違いとは?
ペルソナという言葉を聞くと、「ターゲットと同じ意味じゃないの?」と思う方もいるかもしれません。しかし、この2つの言葉には大きな違いがあります。この違いを理解していないと、よりよいマーケティング戦略を立てることはできませんので、しっかりと違いを理解しておきましょう。

〇ターゲットとは大枠の設定
ターゲットとは、商品を購入するであろう大枠の設定のことを指します。例えば、早めのアンチエイジングの化粧品販売のマーケティング計画を立てる場合、30代女性をターゲットにするというケースは多いでしょう。この30代女性というざっくりとした層のことをターゲットと呼びます。

〇ペルソナはより詳細な人物像
ペルソナとは、ターゲットよりも具体的な人物像です。ターゲットを定めたら、次にペルソナを定めるのですが、ターゲット層はかなり幅が広いので当てはまる方も多数いるでしょう。そのため、その中から商品を購入する人物がどのような人なのかをより詳細に設定していきます。例えば、30代女性がターゲットの場合、ペルソナは年齢37歳、独身、年収600万円などです。このように具体的に設定することによって、ペルソナに似たような属性の人に刺さりやすい商品や売り方を行うことができます。

・まとめ
いかがでしたか?マーケティングにおいてペルソナの設定はとても大切です。ターゲットと混同している人も多くいるので、ぜひ自分のマーケティング計画できちんとペルソナを定められているかどうかチェックしてみてくださいね。

☆弊社ホームページからでもお問い合わせできますので
よろしくお願いいたします↓↓
https://fujih-and-s.com/

この記事を書いたプロ

須貝裕介

SNSマーケティングのプロ

須貝裕介(富士ヘルスケア&ストラテジー合同会社)

Share

須貝裕介プロのコンテンツ