まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
降矢健一

電気料金見直しのプロ

降矢健一(ふるやけんいち)

ビッグアドバンスサポート

降矢健一プロのコラム一覧:法人、店舗の節電対策

ひと口にレジャー施設と言っても、遊園地や水族館、スケート場などさまざまな営業形態があります。どのレジャー施設も消費電力が大きいのは、空調設備です。そのため、空調設備から節電を図ることが重要です。しかし、温度管理が必要な動物も存在するため、節電は一筋縄ではいきません。つまり...

介護保険施設の利用者は、高齢者や障害者などです。利用者のなかには、ペースメーカーを装着している人もおり、体調に配慮しながら節電対策を講じる必要があります。エアコンの温度調整は手軽な節電対策ですが、介護保険施設の利用者は、体温調整機能が衰えている場合があるため、過度に行うの...

ホテルの節電対策は、空調と照明がメインですが、ホテル特有の難しさがあります。エアコンの設定温度を28度にしたいと考えていても、客が温度調整を行ってしまうケースもあるためです。つまり、実行できる節電対策に限りが出てしまうのです。この記事では、ホテルにおける節電対策につい...

病院には、医療機器のほか照明やエアコン、洗濯・乾燥機などさまざまな電気機器があります。このなかで消費電力が大きいのは、照明とエアコンです。照明は、なかなか節電がしにくい一方で、エアコンはこまめに温度調整を行うことで節電を図ることができます。この記事では、病院における節電対...

スーパーマーケットには、ショーケースのほか空調設備や照明、トイレなど節電対策を講じるべき箇所が多くあります。特に節電効果が高いのはショーケースですが、温度調整を行うことが難しいのが実態です。空調も快適な売り場環境を作るためには、過度な節電は厳しいでしょう。しかし、できるこ...

飲食店の場合、エアコンなどの空調設備のほか、厨房機器や照明に電気がかかります。ひと口に飲食店と言っても、ファミリーレストランから定食店、ラーメン店、バー、居酒屋などさまざまな形態があり、それぞれ営業時間も異なります。そのため、営業形態に応じて節電対策を考える必要があります...

私たちの生活に欠かせないコンビニ。コンビニではさまざまな商品を扱っており、冷凍食品やアイスクリーム、ジュースなどのドリンク類は、冷蔵冷凍設備なしでは販売できません。それに、24時間お客さんが出入りするため、店舗内はいつでも快適な温度を維持している必要があります。最近は、...

商業施設やオフィスビルなどと比較して、電力消費が少ないと言われる学校。しかし、最近では、エアコン付きの教室も増えてきており、節電対策が必須となっています。学校の場合は電力消費の大部分が照明であり、エアコンの使い方が節電に与える影響は少ないという声も聞こえてきますが、実は工...

降矢健一プロのその他のコンテンツ

Share

降矢健一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-228-4355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

降矢健一

ビッグアドバンスサポート

担当降矢健一(ふるやけんいち)

地図・アクセス

降矢健一プロのその他のコンテンツ