マイベストプロ山梨
降矢健一

電気料金見直しのプロ

降矢健一(ふるやけんいち)

ビッグアドバンスサポート

コラム

PCBは高度成長期のやっかい者です

2018年5月21日

テーマ:電気設計


PCBってご存じですか?
電気関係では未だに処理に頭を悩ます物の一つです。
高圧のトランスの中に入っている絶縁油の一種で、人体に有害な物質です。
昭和47年以降は製造されていませんが、古い設備(昭和47年以前)の高圧受電設備で未だに使っています。

PCBの濃度によりますが使う事自体は問題なのですが、経年劣化で交換をする際にむやみに処分できません。
PCBが入っていた場合、基本的に設置場所から持ち出す事ができません。
適切は処理が必要になります。

じゃそのまま置いておけばいいという事でもありません。
保管も適切に行い油が流出しないようにしなければなりません。

でも、たしか平成39年3月までに処理をしなくはいけなかったような・・・。

今回、受変電設備を入れ替える予定のお客様のトランス、コンデンサにPCBが含まれているかを調べました。
幸い、昭和47年以降の物でしたので通常の処分が可能です。

もし、古い設備がある事業所の方は一度PCBが入っているか確認することをお勧めします。

この記事を書いたプロ

降矢健一

電気料金見直しのプロ

降矢健一(ビッグアドバンスサポート)

Share
関連するコラム

降矢健一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-228-4355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

降矢健一

ビッグアドバンスサポート

担当降矢健一(ふるやけんいち)

地図・アクセス

降矢健一プロのコンテンツ