まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
降矢健一

電気料金見直しのプロ

降矢健一(ふるやけんいち)

ビッグアドバンスサポート

コラム

家庭用太陽光発電の固定価格買取制度が終わっちゃう・・。

太陽光発電

2018年4月4日


昨日、お客様(加工工場)の打合せ(マシンへの電源工事の現場確認)に行った帰り際に呼び止められました。
いつも受付で対応してくれる事務員の方です。

話を聞くと自宅の太陽光が来年で設置から10年経つとの事。
わたし「あぁ~2019年問題ですね」

2019年問題とは?
2009年に太陽光の固定価格買取制度がスタートしました。
10kW未満の住宅用は10年間の固定価格での買取期間が定められていました。
そのため、2009年から10年が経過する2019年に、買取期間が終了してしまうため2019年問題と呼んでいます。
契約当時の買取価格は1Kwhあたり48円スタートだったと思います。

で、相談というのは「来年以降はどうなるのでしょうか?」と言う事でした。
現在発電した電気は全量売電ではなく自己消費してあまった分だけを買い取ってもらっているようでした。

正直、東京電力がいくらで買い取ると公表していないので分かりませんが1Kwhあたり11円と言う予測がされてます。
つまり現在の「売電単価>買電単価」から「売電単価<買電単価」に逆転する可能性が高くなります。
この事を踏まえると「全量自家消費」が一番現実的ではないかと思います。

今回の相談では余剰電力(使い切れていない分)があるので、価格が下がっても現在と同じ契約が良いのかなと思います。

あと、蓄電機能付きのハイブリッドパワコンの設置を考えても良いかもしれません。
どうせ安い価格で買い取られるなら蓄電池に貯めておいて自家消費したほうがいいと言う考え方です。

しかし、これが結構高価なお買い物になります。
補助金制度もありますので一度検討してみてもいいかもしれませんね。



ただ、色々な情報が今から出てくると思います。
もしかしたら新電力会社が東電より高く買ってくれるかもしれません。

メガソーラークラスは新電力が既に買取りしています。
ちなみに南アルプス市のメガソーラーは新電力のイーレックスが買い取っています。
(2017年現在)

この記事を書いたプロ

降矢健一

降矢健一(ふるやけんいち)

降矢健一プロのその他のコンテンツ

Share

降矢健一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-228-4355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

降矢健一

ビッグアドバンスサポート

担当降矢健一(ふるやけんいち)

地図・アクセス

降矢健一プロのその他のコンテンツ