マイベストプロ山形
小川豊美

一人一人に寄り添う栄養と介護のプロ

小川豊美(おがわとよみ) / 管理栄養士

株式会社とよみ

コラム

春の訪れ、山菜を食べましょう。

2022年4月18日

テーマ:身体が元気になるレシピ

コラムカテゴリ:美容・健康

ふきのとうはキク科の植物「ふき(蕗)」のつぼみです。

日本原産と言われるふきのとうの歴史はとても古く、縄文時代から食べられていて、平安時代にはすでに栽培が始まっていたとされています。
独特のほろ苦さとホクっとした食感を持つふきのとうは、早春の味覚として天ぷらや、佃煮、などで料理します。

冬の間に体内にため込んだ脂肪や老廃物を排出し、冬の体から春の体へと変化する季節ともいわれます。
働きを助けてくれるのが、ふきのとうなどの山菜や菜の花、山うど、たけのこなど、「苦味」のある春の野菜です。

今日は、雪解けの芽吹いたふきのとうを天ぷらにしてみました。
ほくほくサックサクでとても美味しいです。

この記事を書いたプロ

小川豊美

一人一人に寄り添う栄養と介護のプロ

小川豊美(株式会社とよみ)

Share

関連するコラム

小川豊美プロのコンテンツ