まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
新関多津弥

「本当の健康」を伝えるプロ

新関多津弥(にいぜきたつや)

株式会社 たちばなや薬局

お電話での
お問い合わせ
023-653-2124

コラム

寝不足は、疲れも脂肪も取れません。。。

痩せるお話

2016年4月27日 / 2016年5月13日更新

おはようございます!

さて、個人的に先週から今週にかけて
忙しい日々が続きちょっと寝不足です…
(ー ー;)

昨日も美味しい串揚げをいただいちゃいました♪



美味しかったですが、
遅くまでだったのでおかげで寝不足・・・。


実は日本人って世界の中でも韓国に次いで
二番目に睡眠時間が短いそうです。



単純に睡眠不足になると
身体にはどんな影響がでるのでしょう?


例えば…

・思考力、記憶力が落ちる
・居眠りをする
・肌が荒れる
・子供は成長が遅れる
・免疫力の低下
・うつ病になりやすくなる
・吐き気、頭痛などの体調不良
・些細なことで怒りやすくなる
・口臭が強くなる
・太りやすくなる

などなど。



さらには、4時間睡眠の人は
7~8時間睡眠の方に比べて
死亡率が3倍に(@_@)!

睡眠って大事(*^_^*)


寝不足を補うには
「昼寝」ができれば効果的です!


実は15~20分のお昼寝は
夜の2~3時間の睡眠効果に匹敵
すると言われています!

お昼寝は身体を休めるというより
脳を休める手段。

眠いからとコーヒーで
眠気を吹き飛ばすよりも
効果が絶大なんです(^_^)v

脳がスッキリして
午後からの仕事や家事の効率がアップ!

でもそれ以上寝たり、
夕食後の仮眠はNGです。

ですからお昼寝は目覚ましをかけ、
すぐに起きれるように
椅子によりかかって眠ったり、
机に伏せて眠るようにしましょうね(^_-)-☆



しっかりと横になってしまうと
長く眠ってしまい、後悔する事になりますよ!

でも本当は
早寝早起きが理想ですけどね!

この記事を書いたプロ

新関多津弥

新関多津弥(にいぜきたつや)

新関多津弥プロのその他のコンテンツ

Share

新関多津弥プロのその他のコンテンツ