マイベストプロ山形
井上孝紀

オンリーワンの住みやすさとスタイルを実現する家づくりのプロ

井上孝紀(いのうえたかのり) / 一級建築士

井上孝紀建築設計事務所

井上孝紀プロのご紹介

自由な発想から生まれる「あなただけのスペシャルな家」(2/3)

独自の創意工夫が生きる注文住宅の建築現場

住む人の立場で考えた、本当の住みやすさを追求

 家づくりにおいて井上さんは、設計と工事監理を担当します。その中で特に重視しているのが、建て主との相談や打ち合わせです。

 「どのような家を」「どのような土地に」建てるか。予算はいくらぐらいか。家族構成は、面積は、構造は…。打ち合わせを重ねながら、アイデアがだんだん形になっていきます。平面図やスケッチ、模型などを示しながら、構想を形にしていきます。図面に向かう際、井上さんは住む人に思いをはせ、「設計している家の中で、住む人がどのように動き回るか」を想像しながら、線を引いているといいます。

 「建て主の希望を全て満たすだけなら、全部盛り込んでしまえばいい。しかしそれでは、大きな建物になって予算をオーバーしたり、後々の光熱費がかさんでしまいます。『例えば、限られた空間でいかに広々と暮らすか』ということを、自由な発想で、時には建て主の想像を超えるような形で提案するよう心掛けています」。

 つくり上げた図面を基に、大工さんや工務店の人たちが工事を行います。その際、設計通りに仕上がるよう、詳細なところまで図面を用意しています。「設計でどう施工するかを提案することで大工さんと綿密な打ち合わせをすることができ、きちんとした建物づくりにつながっています」。

 そうして出来上がった住宅は、細部まで創意工夫が行き届いた、オンリーワンの建物ばかりです。

 中央のとんがり屋根が印象的な、鶴岡市内の住宅。とんがり屋根の下には、6メートルの太い柱がそびえ、柱を取り囲むように2階に通じる階段があります。吹き抜けの1階リビングと階段の踊り場、2階の子ども部屋の一体感を演出し、柱が家の象徴的な役割を果たしています。

 敷地内の松の木が映えるよう配慮した、バリアフリーの平屋は、玄関の上がり框(がまち)の段差が3センチ。さらには、狭い敷地の中に建物と駐車スペースを機能的に配置した家。機能的な中に柔らかさを感じさせる工場…などなど。新築に限らず、増築やリフォームでも、独自の工夫がさまざまな形で息づいています。

Share

井上孝紀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0235-23-8617

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上孝紀

井上孝紀建築設計事務所

担当井上孝紀(いのうえたかのり)

地図・アクセス

井上孝紀プロのコンテンツ