まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
奥山享

数字を通してみんなの幸せを実現する「マネーのプロ」

奥山享(おくやまとおる)

奥山享税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
023-641-8596

奥山享プロのご紹介

数字から本質を見抜く。幸せになるために。(2/3)

奥山享税理士

情報化を先取り。養った「複眼的な目線」

 「『幸せになる』ことと『社会の役に立つ存在になる』こと。誰もが共通の願いを持っています。人が、企業が、社会を通して支え合える間柄になるお手伝いが、私たちの仕事の本質です」。奥山さんの事務所は、企業の活動を税務・会計、経営管理の両面から支援しています。会社組織や個人事業に限らず、医療法人や社会福祉法人、農業法人など、幅広い経営形態に対応できることも強みです。

 中でも重視しているのが「情報」。「情報を制することが、幸せに導く第一歩」との考えから、情報関連の分野に早くから力を入れてきました。独立開業した1973(昭和48)年、いち早く業務用コンピューターを導入。インターネットが普及する前から、コンピューター通信で情報収集をするなど、情報化時代を先取りしてきました。農業や医療などの分野では、目まぐるしい制度変更が行われますが、それらにいち早く対応できるのも、蓄積した情報収集力があってこそ、です。

 ありとあらゆる情報が世の中に氾濫し、誰もがそれらにアクセスできる時代になりました。本当に必要で役立つ情報はどれなのか。正しい道はどこにあるのか。それを見極める「目」が、プロには求められます。奥山さんは「鳥のように俯瞰(ふかん)する目と、魚のように間近な動きを見極める目。複眼的な目線から『潮目』を見極めなければならない」と力を込めます。

 「会社をどうしたいの?」。相談に訪れた経営者に、こうした根源的な問い掛けをすることもあります。経済活動の基本は、まず「豊かになること」。その上で利益が出たら「社会に役立てること」。経営状態に問題がある企業は、この基本を見失っている場合が多いといいます。問題に気付かせ、「もっと豊かになる」ための選択肢を提示する。その上で、最終的な決断は相談者に求めます。「決めること」が、経営者の最大の仕事だからです。
そして「決めた限りはすぐに実行してください」。「明日までにこれをしてください」と求めることもあります。厳しい時代を生き残るには、それだけのスピードも求められるのです。

奥山享プロのその他のコンテンツ

Share

奥山享プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
023-641-8596

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

奥山享

奥山享税理士事務所

担当奥山享(おくやまとおる)

地図・アクセス

奥山享プロのその他のコンテンツ