まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
近藤敏明

子育て世代に「安くていい家」を提供する建築のプロ

近藤敏明(こんどうとしあき)

株式会社 建装

お電話での
お問い合わせ
023-684-7553

コラム

身の丈にあった資金計画で家づくり

わたしたちの家づくり

2013年10月24日 / 2014年3月11日更新

親父の小言と日本酒は後で効く…

40年以上家づくりを手掛けてきた。
多くの方の土地探しも手掛けてきた。
だからこそ、どうしてもあなたに伝えておかなければならないことがあります。
行列ができるほどではありませんが、たくさんのお客様が建装の見学会に
出かけてくれます。
今さら言うまでもないことですが、建装は住宅会社です。
私はそのオーナーですから、本音を言えば、お客様から
「建装に家づくりを任せたい」とお声を掛けて頂けることはとても嬉しく、
そして、ありがたいことです。
でも、手放しで喜ぶことはできません。
なぜかというと、
背伸びしているお客様がたくさんいらっしゃるからです。
身の丈以上の家を希望されているお客様がたくさんいらっしゃるからです。
今は、インターネットが普及しているので、お客様は家づくりに関して
本当に多くの情報を無料で手にすることができます。
そのこと自体は良いことだと思いますが、困ったこともあります。
ネット上には素敵な家が多くあります。
それを見てしまうと、どうしてもそれを欲しくなってしまうようです。
そうです。価格を無視してまで…。
すみません。
ここで、少し私の話をしてもよろしいでしょうか。
私は、ここ山形で生まれ育ち、父親の元、大工の修業をして、今は、息子夫婦と孫と同居をしています。
建装のお客様には、息子や娘と同じ世代の方も多く、また2世帯のお客様も多いので、ついつい「親父の小言」が出てしまうんです。
80年以上もやっているというだけの小さな工務店です。
そんな建装に、一生の一大事である家づくりを任せてくださったこれまでのお客様には本当に感謝しています。
私は、物事に執着するところがあります。
お客様の家づくりを担当させて頂く時に、
ひとつだけ、どうしてもこだわってしまうことがあります。
家を建てて、幸せになることは当たり前のことですが、その前に
「目の前のお客様が自分の息子や娘だとしても、勧める資金計画だろうか?」ということです。
本当に自信をもって、背中を押してやれる住宅ローン計画だろうか…、
負担は大きすぎていないのか…、いつも自問自答しながら、住宅営業というより、一人の人間として仕事に向かっています。
なぜ、こだわるのかというと、
家づくりをして不幸になっている方が、実はたくさんいるからです。
建築後3年、5年の中古物件がたくさん売りに出ています。
この理由はなんでしょう…?
そうです!!
転勤などで、手放すこともあるかとは思いますが、
多くはローンを払えなくなって手放したものです。
では、なぜ、そんなことが起こってしまうのでしょう??
それは、『身の丈以上の家を無理して背伸びして、建ててしまうから』です。
でも、なにかおかしいと感じませんか??
そういう方達は、「サラ金」からお金を借りた訳ではないのですよ。
きちんと金融機関から、住宅ローンを借りて家を建てているのです。
だから、私は口を酸っぱくして言うのです。
「この親父、うるさいな~。」と思われても構わないのです。
皆さまに幸せになれる安心な資金計画で家づくりをしてほしいのです。
家づくりをして、不幸になる人など、居て欲しくないのです。

安心してください。
私たちはそのような資金計画は致しません。
その結果、これまで建装のオーナー様で返済に困って、
せっかく手に入れたマイホームを手放したという方は、未だかつて、一人もいらっしゃいません。当然です。
資金計画をして危ないと判断したら
「身の丈にあった計画にしなさい!!」
「新築はあきらめなさい!」と小言を言うからです。
もちろん、これまで夢を貫きたくて、ほかの会社で建てたお客様もいらっしゃいます。ですが、そのあとのことはわかりません。
ただ私は、せっかくご縁があってお知り合いになれたお客様が不幸になること、しかも、「幸せになるために家を手に入れたのに、家のために不幸になる。」のはとても悲しすぎます。
そんなことが無いように…と考えると、私たちの仕事の責任は本当に重く、
大きくプレッシャーもありますが、私はこの仕事が大好きです。
それは、やはり引き渡しの時のお客様の喜ぶ顔、『最高の笑顔』を見るのが楽しみだからです。
そして、「いい家を建ててくれてありがとう!!」という言葉を頂くのがうれしいからです。

追伸、
ご存知かもしれませんが、建装は、迷惑な売り込みや営業は致しません。
大手のハウスメーカーさんとは違い、小さい会社です。社員も少ないです。
皆さまのところに、頻繁にお邪魔し、お電話を差し上げることは物理的にできないのです。
ですから、そういう点だけで『熱心だ。』『一生懸命やってくれそうだ』と、
家づくりを任せる業者を判断されるお客様には、
建装に向かないかもしれません。
しかし、スタッフ全員の気持ちはひとつです。
材質や施工精度を落とさずに、地元の棟梁が建てる良い家を割安な価格で提供することです。
『ちょっと相談が…』『教えて欲しいんだけど…』というようなことがあれば、皆さまからお気軽にお声を掛けていただきたいのです。
ご心配なこと、ご不安なことがあれば、わたくし近藤まで、
どうぞご遠慮なくご連絡ください。
本当に「安心できるいい家を無理のない価格で建てたい…」と真剣にお考えの方には、私の持っている知識、経験、技術を駆使して全力でお手伝い致します。

建装のホームページはこちら!!
                                  近藤 敏明

この記事を書いたプロ

近藤敏明

近藤敏明(こんどうとしあき)

近藤敏明プロのその他のコンテンツ

Share