マイベストプロ山形
遠藤隆

食文化に一層の輝きを与える業務用食器のプロ

遠藤隆(えんどうたかし)

有限会社 和泉屋

遠藤隆プロのご紹介

「食器」を通し、食文化に一層の輝きを与えます(1/3)

有限会社和泉屋 代表取締役 遠藤 隆さん

業務用の分野に圧倒的な強みを持つ、城下町米沢の老舗陶器店

「上杉の城下町」として知られる米沢市の、中心部の一角に、陶器店「和泉屋」があります。モダンな外観に誘われて中に入ってみると、さまざまな食器がキラキラ輝き、調理器具のコーナーには使いやすそうな品物がたくさん並んでいます。

 「こちらへどうぞ」。代表取締役の遠藤隆さんに誘われ、奥に進むと、風格のある蔵座敷。200年ほど前に建てられ、大正時代に2度米沢を襲った大火の際も焼失を免れたものです。現在は貴重な陶器類の展示と、重要な商談のためのスペースに使っているとか。

 和泉屋の創業は1770(明和7)年。米沢藩主・上杉家との取引もあったといいます。以来約250年。米沢に根差した商業活動を展開してきました。

 和泉屋はもう一つの意味で、地域に欠かせない存在です。それは現在の主力である業務用食器や業務用調理機器の部門で、「食」や「観光」を支えているから。

「食器」は「食」のもう一つの主役であり、食材や料理の味を生かすも殺すも食器次第といわれます。米沢牛などのグルメが人気を集め、温泉地も多く、東北中央自動車道の整備が進んだことで観光客が増えている山形県南部にあって、欠かすことのできない存在なのです。

Share

遠藤隆プロのコンテンツ