まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
國井周

快適空間を総合プロデュースするインテリアと整理術のプロ

國井周(くにいあまね)

株式会社 インテリアクニイ

お電話での
お問い合わせ
023-786-8556

コラム

襖の張り替え ~種類・寸法・価格のあれこれ~

2013年9月30日 / 2014年6月19日更新

今回のコラムは襖・障子の機能性をご紹介します。

襖や障子は和紙でできているので保温機能や調湿機能、室内の有害物質を吸収する機能があります。
これにより寒さを防いだり、湿気が多いときには水分を吸収し、乾燥時には水分を放出してくれます。
ですから、間仕切りだけでなく押入れに襖を使うことは湿気対策としてとても有効です。

そのことから、施工する気候によって仕上がりが若干変わってきます。

春・秋は過ごしやすいので施工がしやすい・・・というのも一つですが
下張と上張りの2種類の紙と、薄目と濃いめの2種類の糊を使用するため、
気温が高くなりすぎず、穏やかな春や秋がお勧めです。

また、施工に数日かかるため、暖房が必要な冬の時期はお客様も過ごしにくくなってしまいますね。

ちょうど今日のような小春日和なんて最高にいい一日です(o´・∀・`o)♪

さて、襖にもサイズがあって、張り替えの価格が異なってきます。
もちろん、紙の種類によっても変わってきますが基本的には

3尺×6尺(幅910×高1800)は押入れや間仕切りに使われる襖
その中でも板でできた板襖は  ¥2700~(下張り込み)
額入りの襖は         ¥3500~
本部襖            ¥3800~  となっています。

本襖とは枠が外れて、内側が太鼓張りになっています。
こんな感じに・・・








その他、腰高、仏壇用、天袋、地袋、など・・・

さて、10月の1か月間にご注文いただいたお客様には
今回消費税分をサービスして提供いたします。

先着10名様まで。1枚からでもOKです。

では、この機会をお見逃しなく☆

この記事を書いたプロ

國井周

國井周(くにいあまね)

國井周プロのその他のコンテンツ

Share