まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
國井周

快適空間を総合プロデュースするインテリアと整理術のプロ

國井周(くにいあまね)

株式会社 インテリアクニイ

お電話での
お問い合わせ
023-786-8556

コラム

襖と障子の張り替えには、6月がお勧めです

2013年5月30日 / 2013年9月27日更新

おはようございます(´∀`*)

・・・久々の投稿です。。。すみません。。。

さて、本日は雨。恵みの雨です!

なぜって、襖を張り替えるにはもってこいのお天気だから。

紙素材の襖は、下貼り&上張り と二枚の紙を使って貼ります。

『太鼓張り』というやり方で、太鼓のように縁以外は浮いていて『ピンッ』と張っています

下貼りが乾いてから、表になる紙には2種類の濃さが違うノリを使わなければなりません。

乾き方・乾く順番が違うので、あまり暑い日や乾燥している日は一気に乾きすぎるので綺麗に仕上がらないのです。

というか、襖紙が外れてきてしまうのですね(。-_-。)

だから、こんな日や梅雨の時期は、綺麗に仕上がるイイ季節です。

紙素材の襖や障子は、自然の消臭効果があり、湿度調整もしてくれます。

日本の風土にあった日本の誇るべき技術。

残念ながら、最近の住宅には少なくなってきてしまったけれど、

大切にしていきたいものの一つですね(´∀`*)

この記事を書いたプロ

國井周

國井周(くにいあまね)

國井周プロのその他のコンテンツ

Share