まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
佐藤博子

マナーと話術で魅力を磨くコミュニケーション術のプロ

佐藤博子(さとうひろこ)

ムーンアンドスター パートナーズ

コラム

10億の種は意外なものでした。

2016年9月8日

きっと誰もがファンになってしまうことでしょう。
初めてお会いしたその方は表情も話し方もとてもチャーミングなソフトな印象の、本当に素敵な大人の女性でした。

昨日参加したトークショーの講師
株式会社Bーmap 代表取締役社長
勝谷 桂子さん。
リクルート営業時代に個人で年間10億売り上げ、その記録は未だ破られていないリクルートで伝説の方です。

ご自分がリクルート時代にされてきたこと、大切にしていらっしゃること、また、プライベートについても、終始笑顔で、自然体で丁寧にお話くださいました。

「私にとって仕事は人生のごく一部。仕事以上に大切なものがある…」とも。

本当にすごい人って気負いがまったくないんですね。

きっと大変なこともあったのだろうけれど、大変なことさえエネルギーにし、マイナスの状況さえ愉しみつつ、常に周囲の方に気持ち良く協力してもらうための細やかな気遣い心遣いを忘れずに自然体で接してこられた結果が10億という数字なのだと思いました。
私にはいったい0(ゼロ)が何個つくのかもピンときませんが(^^;;

勝谷さんが日頃大切にしていらっしゃることを教えていただくと・・

・その人(仕事のパートナー・仲間)が嫌がることをしない

・相手が動きやすくする

・その人の立場になる


意外にも
ごく普通のこと、当たり前のことなのです。

そして、これも驚きだったのですが、

これこそ、マナー の基本であり、私が日頃お伝えしていること。

< マナーは相手の方への気遣い、心遣い、おもいやり。
相手がどうしたら気持ちよくなるのか、心地よくなるのか、相手目線で考えて振舞うこと。>

いつも話していることが、伝説の数字の源だったのです。

さらに、勝谷さんは
このようなお話もしてくださいました。

『やろうとすることが大事。
その気持ちの毎日の積み重ねが大きな違いになる。』

雲の上の存在の方のお話だと思っていましたが、お話の中に意外にも共通項を発見。
自然体で気さくなお人柄もあり、勝手に身近に感じてしまいました。

せっかく出会ったご縁。
まずは昨日教えて頂いたことば 『やろうと努力する』 こと。
ここから、しっかりやってみようと思います。



それにしても、

心惹かれてしまうモノやコト、そして人。
その美しさの奥に大変な時間と労力、努力が隠されているからこそ自然と惹かれてしまうのだと、
改めて思った心地よい時間でした。

この記事を書いたプロ

佐藤博子

佐藤博子(さとうひろこ)

佐藤博子プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤博子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

佐藤博子プロのその他のコンテンツ