まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
佐藤博子

マナーと話術で魅力を磨くコミュニケーション術のプロ

佐藤博子(さとうひろこ)

ムーンアンドスター パートナーズ

コラム

小さなきっかけが素敵な時間をつくる

コミュニケーション

2013年5月14日 / 2014年6月19日更新

話し方やコミュニケーションのレッスンで、

「ここ1,2週間で出会った “嬉しかったこと”、“楽しかったこと”、“感激したこと”など、良かったことを3つ教えてください。」

と、お願いすることがあります。


こういうことが、会話やスピーチのきっかけになるからなのですが、

最初のうちは、ほとんどの方が

「いやあ~、そんなのないなあ。どこにも行ってないし・・・」 とか、

「何にもないんですよねえ~・・3つもないです」と、おっしゃるのです。

確かに、たいそうなことやイベントなんて、そう毎日あるはずがありません。

でも、
そんなに特別のことでなくても十分なのです。

例えば、

昨日食べた○○が美味しかったとか、□□に行ってみたとか、
今、桃の花がきれいだとか、
自分で撒いた種から芽が出ているのを見つけて嬉しかったとか、
コンビニで新商品を買ってみたとか、
いつもと違う道を通ってみたら、可愛いお店を見つけたとか、
失くしたと思っていたものが出てきたとか・・・

そんな、
ごく普通のことやなにげないこと、小さなことが十分に会話のきっかけになるものです。


そして、

「へえ~」
「それで?」
「いいなあ~」など、

相手のことばや話にしっかり耳を傾け、

うなずき、相づちを打ち、相手の話をうながしながら、しっかり聞く。

そんな聞き方が、ちいさなきっかけを楽しい会話にし、心地よい時間をつくるのだと思います。

そのときには、是非、笑顔を添えて!

ほんのちいさなきっかけが、素敵な会話になったり、特別な出会いになったりするのですから。







今日、バジルの苗を買いました。今、ホームセンターにはいろいろな苗が溢れていますね。
苗を育てるのも楽しい、バジルをどんなふうに使おうか、考えるのも愉しい・・・
楽しみな季節です♫ 





この記事を書いたプロ

佐藤博子

佐藤博子(さとうひろこ)

佐藤博子プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤博子プロのその他のコンテンツ