まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
佐藤博子

マナーと話術で魅力を磨くコミュニケーション術のプロ

佐藤博子(さとうひろこ)

ムーンアンドスター パートナーズ

コラム

これもコミュニケーションツール

コミュニケーション

2013年5月9日 / 2015年3月14日更新

毎月一回、ワインセミナーを開催しています。
ワインもコミュニケーションツールのひとつだと思っているからです。



それほど飲めるわけではないのですが、
これまで、ワインを知らなかったためにできなかったお仕事や、
お仕事を通して、“ワインの事を知っていたらもっと話ができたのに・・”という残念な思いをしたことが何度かあるからです。

しかもワインは、言語で言えば英語、基軸通貨のドルと同じく世界共通なので、どこにいても誰とでもコミュニケーションのきっかけになります。

そんなこともあり、また、テーブルマナーをお伝えする上でも必要だと感じたことから、ワインをスクールで少し学びました。

そして、コミュニケーションツールのひとつとしてご案内しています。
とはいえ、私が講師をしているわけではありません。私の役割は、企画やテーマ等を考えること。

毎回テーマを決めて、シニアソムリエの話(といってもスクールのような難しいレクチャーではなく、フレンドリーな雰囲気で、愉しく、わかりやすく&普段の生活に落とし込んだ話)を聞きながら、ワインの色・香り・味、そして、その時間と空間そのものを愉しんで頂いています。参加者は女性が多く、お仕事帰りにまっすぐという方もいらっしゃいますが、どの方も本当に楽しそうです。1時間半の予定のセミナーなのですが、終わってもそのまま余韻を愉しんでいて、気が付けば3時間近く経っているということも。

いつもと違う空間の中で、いつもと違う人達と一緒に、いつもと違う自分を愉しむ・・・
月一回のそんな時間が「自分へのエール」であり、「自分を輝かせる」シンデレラタイムになっているのかもしれません。
そんな皆さんと話をしていると、やっぱり、“ワインは素敵なコミュニケーションツール”だと思うのです。

そして、

受講の皆さんから「これがあるから、仕事を頑張れる」と言って頂けることが嬉しくて、私自身が頑張れているような気がしています。

この記事を書いたプロ

佐藤博子

佐藤博子(さとうひろこ)

佐藤博子プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤博子プロのその他のコンテンツ