まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
佐藤博子

マナーと話術で魅力を磨くコミュニケーション術のプロ

佐藤博子(さとうひろこ)

ムーンアンドスター パートナーズ

コラム

面接のポイントは第一印象

就活

2013年5月7日 / 2015年10月6日更新

連休が終わって、今日から通常モードですね。

就活中の学生のみなさんにとっては、面接が進んでいる最中でしょうか?

ある面接官の方によれば、たくさんの応募者と接していると、疲れてきたり、集中力が途切れそうになってしまうこともあるそうですが、そんなときに面接官の目を覚まさせるのは“第一印象”だそうです。

第一印象は、わずか3秒で決まってしまいます。

ドアを開けて入室したときに面接官にどれだけ印象づけられるか、


ポイントは

堂々とした姿勢と動作(振舞い)、

にこやかな表情(笑顔)、

そして、明るくさわやかな最初の挨拶(声)、

これまで、ここでお伝えしたことです。


大事なのは、“伝わるように”ということ。

自分では、姿勢良くしているつもり、笑顔のつもり、明るく爽やかな挨拶をしたつもりでも、伝わらなければやっていないのと同じことです。

“相手に伝わるように!”

自分が「これでいい」と思っているよりも3割~5割増しにして、ようやく相手に伝わるものです。

そして、

この第一印象が、「話を聞きたい」という期待感に繋がっていくのだと思います。


学生の皆さん、あと一息 がんばって!

この記事を書いたプロ

佐藤博子

佐藤博子(さとうひろこ)

佐藤博子プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤博子プロのその他のコンテンツ