マイベストプロ山形

コラム一覧:相続法改正について

RSS

民法(相続法)改正について(その6) 特別の寄与

2020-02-27

 旧法においては相続人にしか寄与分がなかったのに対して、今回の法改正で相続人以外の者の貢献を考慮する方策が設けられました。 これは、特別の寄与制度であり、被相続人に対して無償で療養看護等その他の労...

民法(相続法)改正について (その5) 遺留分

2020-01-27

 今回の法改正で変化した点の一つとして遺留分の取り扱いがあります。 旧法においては、遺留分減殺請求権を行使すると減殺請求の対象となった目的物の所有権が遺留分権利者に戻りました。つまり物権的効力があ...

民法(相続法)改正について (その4) 配偶者居住権

2019-12-10

今回の法改正で注目された点の大きな一つは配偶者居住権が認められたことでしょう。これは高齢化社会に伴う生活形態の変化の中で生存配偶者の住み慣れた環境での居住権の保護を図るため設けられた制度で、被相続...

民法(相続法)改正について(その3)自筆証書遺言の方式緩和と保管制度

2019-11-17

働き方改革

今回の法改正で自筆証書遺言に関しても幾つか改正がありました。その一つは自筆証書遺言の方式緩和でありもう一つは自筆証書遺言の保管制度の新設です。 前者は旧法では全て遺言者の自筆が要求されていた自筆証...

民法(相続法)改正について (その2) 遺産分割前の預貯金債権行使

2019-10-12

相続 手続き

 今回の法改正で大きく変わった点としてこの遺産分割前の預貯金債権行使が挙げられると思います。改正前は原則として当事者全員の同意がなければ遺産分割前は預貯金債権を相続人の一人が単独で行使することは認...

民法(相続法)改正について(その1) 遺産分割前の財産処分

2019-09-20

相続 手続き

では今回から具体的な個々の改正点についてできるだけ実例に即して説明、コメントしていきたいと思います。まずは遺産分割前の財産処分について。これは新法906条の2で規定されたもので、遺産の分割前に遺産に...

民法(相続法)改正について(その0)

2019-09-03

相続 手続き

 昨年民法が大きく改正され、本年D段階的に施行されているのは多くの方がご存知だと思います。その主な改正点は<(1)遺産分割前の財産処分(2)遺産の一部分割(3)遺産分貯金債権行使(4)遺産分割前の預...

古瀬一幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
023-641-5923

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古瀬一幸

古瀬行政書士事務所

担当古瀬一幸(ふるせかずゆき)

地図・アクセス

古瀬一幸プロのコンテンツ