マイベストプロ山形
古瀬一幸

依頼者の思いを生かす行政手続きと書類作成のプロ

古瀬一幸(ふるせかずゆき) / 行政書士

古瀬行政書士事務所

コラム

民法(債権法)改正について(その0)

2020年4月30日

テーマ:債権法改正について

コラムカテゴリ:法律関連

 民法改正に関し、相続法については大きなところは説明しましたので、次は債権法の改正について自身の勉強も兼ねてお話ししていきたいと思います。
 まずは全体像ですが、大きなところで以下のような点で改正があり、改正法の殆どは令和2年4月1日より施行されます。

 ・消滅時効
 ・法定利率
 ・定型約款
 ・個人保証の制限
 ・意思能力
 ・心裡留保
 ・解除
 ・取消・無効
 ・債権譲渡
 ・弁済
 ・相殺
 ・契約
 ・賃貸借契約
 ・債権者代位権
 ・詐害行為取消権
 ・多数当事者の債権債務
 ・売買の瑕疵担保責任

 次回以降個別の改正点について少しずつお話しできればと考えています。今回はこの辺で。

この記事を書いたプロ

古瀬一幸

依頼者の思いを生かす行政手続きと書類作成のプロ

古瀬一幸(古瀬行政書士事務所)

Share

古瀬一幸プロのコンテンツ