マイベストプロ山形
海野和昭

「理想のカラダづくり」に導くボディメイクのプロ

海野和昭(うんのかずあき) / パーソナルトレーニング

BODY MAKE studio LAÉSSE(ボディメイクスタジオ ラエッセ)

コラム

腸内環境に合わせた食物繊維の選び方

2021年10月11日

テーマ:栄養編

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: ダイエット 食事ダイエット 運動パーソナルトレーニング

 ボディメイクをはじめダイエットや太りにくいカラダを作る上で、最も大事になるのが腸内環境の状態です。そんなにボリュームのある食事をしていないけれど太ってしまう...なんて場合にはまずはご自身の腸内環境を疑ってみましょう。

 そこで今回は『食物繊維』に注目してみましょう。食べ物に含まれる炭水化物のうち、糖質以外のものが『食物繊維』です。体内で担う働きの重要性から、五大栄養素に次ぐ「第六の栄養素」と呼べれることもあります。食物繊維はそれぞれの性質によって、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」に分けられます。

 水溶性食物繊維は水に溶ける性質の食物繊維で、野菜や果物に含まれる「ペクチン」、海藻の粘り成分である「アルギニン酸」などがあります。老廃物を包み込んで便と一緒に排出したり、便をやわらかくして便通をスムーズにしたり、糖の吸収スピードを遅らせ血糖値の急上昇を抑えたりといった役目を担っています。

 不溶性食物繊維は水に溶けにくい性質で、大豆の「セルロース」が代表的。水分を吸収して膨らみながら腸を移動し、腸を刺激することで排便を促します。

 またこの2種類以外にも、穀物や豆類の調理や加工の過程で生まれる食物繊維の一種で「難消化性デキストリン」があります。腸内細菌によって分解され、腸内の善玉菌が育ちやすい環境をつくる手助けをしています。

食材選びで迷った際は、ぜひ自身の腸内環境に合わせたそれぞれの食物繊維を上手く使った摂取を心がけてみましょう。




⇩⇩ラエッセホームページはこちらから⇩⇩
https://www.bms-laesse.com/
見学をお希望の方は上記HPお問合わせよりお待ちしております。

⇩⇩インスタグラムも絶賛配信中⇩⇩
https://www.instagram.com/body_make_studio_laesse/
ぜひ『フォロー&いいね♡』お願いします。

この記事を書いたプロ

海野和昭

「理想のカラダづくり」に導くボディメイクのプロ

海野和昭(BODY MAKE studio LAÉSSE(ボディメイクスタジオ ラエッセ))

Share

コラムのテーマ一覧

海野和昭プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0238-49-9666

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海野和昭

BODY MAKE studio LAÉSSE(ボディメイクスタジオ ラエッセ)

担当海野和昭(うんのかずあき)

地図・アクセス

海野和昭のソーシャルメディア

instagram
Instagram

海野和昭プロのコンテンツ