マイベストプロ和歌山
  1. 世界の景気はどうなるの?海外投資を国連の人口予測から考える。

コラム

世界の景気はどうなるの?海外投資を国連の人口予測から考える。

2019年11月15日 公開 / 2019年11月19日更新

テーマ:投資 資産運用

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: NISA投資信託確定拠出年金

人口の増加は経済成長の重要な要素

世界の人口①
一般的に人口の増加は経済に好影響を与えます。国の労働力でもあり、消費の担い手でもあるためです。

株式は長期的に見れば実体経済の影響を受けますから、人口の増加は株式への長期投資を考えるうえでは重要だといえるでしょう。

国連の調査を参考に

人口の予測は国連が行っていますから、そちらを参考にしましょう。

このコラムに記載したグラフはすべて「World Population Prospects 2019」から作成しました。

(参考)
WPP2019 Wallchart(英語)
https://population.un.org/wpp/Publications/Files/WPP2019-Wallchart.pdf
※重いです(5.2MB)

↓概要なら日本語で公開されています
https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/33798/

世界人口は2100年まで増加する見込み

世界の人口②
※画像はえんファイナンシャルが作成

国連によると、世界の人口は2100年まで増加するだろうと考えられています。特にこれから数十年の伸びが顕著で、2030年には約85.5億人、2050年ではほぼ100億人に到達すると見られています。

人口ボーナス期に入る国も

人口増加のほとんどは新興国で起こると考えられています。特にアフリカやアジア、また一部の中南米の国々では生産年齢(25~64歳)人口が大きく伸びる「人口ボーナス期」が訪れる可能性が高いようです。

人口ボーナス期では大きな経済成長が期待できますから、これらの国々への投資妙味がありそうですね。

中間所得層の増加が経済に好影響

世界の人口③
※画像はえんファイナンシャルが作成

世界の人口増加のほとんどが低・中間所得層で起こります。中間所得層の増加が経済に好影響を与える可能性は高く、世界経済のけん引役をつとめることになるでしょう。

人口が増える先進国も

世界の人口④
※画像はえんファイナンシャルが作成

人口増加のほとんどが新興国で起こると予想されますが、実は先進国の中でも人口の増加が予想される国があります。

意外かもしれませんが、アメリカやイギリスは人口増加が期待できる国です。両国は現時点ですでに経済大国ですが、今後も人口増加が予想されているのはすごいですね。

北欧の先進国にも人口増加が予想される国があります。

アフリカ・東南アジア諸国で人口増加が大きい

世界の人口⑤
※画像はえんファイナンシャルが作成

新興国の中でも、特に人口増加が期待できる国々はアフリカや東南アジアの国々です。アフリカ諸国では人口が倍以上になる著しい人口増加が予想される国もあります。

10億人を超える人口を持つ中国やインドは、これまでほどの人口増加は見込めないようです。

新興国インデックスは投資地域に注意

主に人口が増える国はアフリカや東南アジア諸国ですが、これらの国への投資は投資信託が主な選択肢になるでしょう。直接株式を買う環境が整っていないためです。

投資信託の中でも、新興国全体に広く投資するインデックスファンドの場合は注意が必要です。中国など東アジアに主に投資するものが主流で、アフリカや東南アジアへの投資比率は決して高くないためです

↓参考
インデックスファンドの投資地域

ETFかテーマ型投資信託が選択肢に

特定の国への投資なら「ETF(上場投資信託)」が1つの選択肢になるでしょう。特定国の株式指標に連動するよう設計された銘柄がいくつか用意されています。ただしETFは取引量が少ない傾向にある点は注意が必要です。

〇新興国ETFの例
1559 タイ株式
1560 マレーシア株式
1323 南アフリカ株式

〇先進国ETFの例
1557 S&P500アメリカ株式
1392 MSCI英国イギリス株

(参考)
東証 ETF一覧 外国株式
https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/01-08.html

特定の国に集中投資する「テーマ型投資信託」も選択肢の1つですね。

現時点では新興国への投資は高リスク

人口増加が期待できる新興国ですが、現時点ではリスクの高い運用になると思われます。新興国の株式市場規模は小さい傾向にあり、値動きが大きくなる傾向にあるためです。

人口増加による経済成長は期待できるでしょうが、新興国の株式市場が成熟するためにはまだ時間がかかるでしょう。

人口の増加を考えれば海外投資には期待できるか

新興国を中心に世界の人口は増加する可能性が高く、また経済規模の大きいアメリカやイギリスも人口増加が期待できます。一方日本は長期的に人口減少の可能性が高そうですね。

世界の人口増加を考えれば海外へ投資する妙味はありそうです。長期的に見れば株式は実体経済に連動し、人口の増加は経済成長の大きな裏付けだといえるからです。

海外投資はETFや投資信託が便利です。NISAなども利用しながら上手に運用しましょう。

株式会社えんファイナンシャル
村岡 達也
080-3220-5808(携帯)
IFAとは?
金融商品取引法に基づく表示

この記事を書いたプロ

村岡達也

IFA・生涯の資産運用アドバイザー

村岡達也(株式会社えんファイナンシャル)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

村岡達也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
073-482-5454

 

まずはお気軽にお電話くださいませ。
営業時間外は携帯かメールアドレスにご連絡ください。(下記記載)

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村岡達也

株式会社えんファイナンシャル

担当村岡達也(むらおかたつや)

地図・アクセス

村岡達也プロのコンテンツ