まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
浮田美紀子

がんばる主婦にゆとり暮らしを届けるプロ

浮田美紀子(うきたみきこ)

Kuraduce(クラデュース)

お電話での
お問い合わせ
090-1391-3596

コラム

男性のクローゼット収納

2013年11月4日 / 2014年6月4日更新

来月から単身赴任で神戸に行く主人の衣類を整理しました。





収納教室にいらっしゃる奥様からよく聞くのが、

「うちの旦那さん、もう着ていない服も捨ててくれないんです・・・。」
というお悩み。


私の経験から旦那さまの洋服の整理のポイントは、

①奥様が付き添うこと。

②収納から全て出し、1枚ずつ確認していくこと。

③整理の基準を
着ている(要る)OR 着ていない(要らない)ではなく、
「これを着ると素敵か素敵でないか」
を基準に、奥様が客観的に意見を言ってあげること。

「これは似合うよね。」

「これはもう首周りが伸びているから、
あなたにはふさわしくないよね。」

要は、洋服の整理が目的ではなく、ご主人に軸を合わせて、
ご主人改造計画を目的に整理をしてあげること。

普段大切にされていないと感じている(うちのように?)
ご主人には、「自分に関心を持ってくれている」
と、特に効果的なはずです(*^^*)

ちなみにうちの主人は、骨格スタイル診断で言うと、
ストレートタイプ。
張りのある上質な素材で、
キレイめなスタイルが1番似合う骨格の持ち主。

今まで好きなカジュアルな服を好んで着ていたのですが、
それが、「貧乏臭くみえる。」「なんだか貧祖にみえる。」と、
自分で気づき始めたタイミングだったので、
それを基準に整理をしましたよ。


プロの意見から自分を知ることも大切ですが、
ご主人の場合は、一番近くにいる奥様が
まずは見てあげてはいかがでしょうか。

お互いに関心を持つことは、
いつまでもHappyでいられるポイントでもないでしょうか。
お試しあれ!




この記事を書いたプロ

浮田美紀子

浮田美紀子(うきたみきこ)

浮田美紀子プロのその他のコンテンツ

Share

浮田美紀子プロのその他のコンテンツ