まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
水野直美

人生が楽しくなるダイエットのプロ

水野直美(みずのなおみ)

スリムコントロール ハート

お電話での
お問い合わせ
076-491-2006

コラム

ダイエット中だからこそ、オススメしたい油があります。

2015年5月14日 / 2018年3月1日更新

こんにちは。富山ダイエットアドバイザーの水野直美です^^
今,エゴマ油がブームですよね。スーパーに行くと、売り切れ状態です。かくゆう私も早く入手したい一人です。

認知症に良いとか、うつに良いとか、先日、林修さんの番組で70代の方達が30分後には、脳の血流が良くなる実験には衝撃的でした。

油というと、カロリーが高いからダイエット中だと、特に敬遠される事が多いと思います。
しかし、肌をツヤツヤにし、便通を整え、血液をサラサラにして、老廃物を出しやすくする油があると聞くと、ダイエットに良いのでは?と思いますよね。

はい、ダイエット中だからこそ、摂って頂きたい油があります。

まずは、DHA、EPAです。

この油は、青背魚に多く含まれる油です。(サバ、イワシ、サンマ、マグロ、ブリなど)

青背魚はよく召し上がりますか?

牛や豚など、お肉ばかりを食べてらっしゃる方は、悪玉コレステロールの値が高かったりしていませんか?

そういった動物の体温は高いです。39度から40度くらいなので、それよりも体温の低い私たちの体に入ると、その脂は固まりやすくなります。

DHAにはどんな役割があるの?

●脳の細胞膜をやわらかくして、動きを活発化させます。(このために頭が良くなると言わ
れます。)
●老人性認知症の予防、視力改善に効果があります。
●DHAは脳の材料です。特に記憶をつかさどる「海馬」には他の部分に比べ、2倍のDHAが存在します。
●余分なコレステロールの処理を促し、ドロドロ血を改善させます。

EPAにはどんな働きがあるの?
●血栓を作らせない成分が多く含まれていて、血液をサラサラにして血流を良くします。
●悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させます。
●角質細胞をつなぎ、乾燥肌や敏感肌を防ぎます。
●炎症を抑える働きがあるので花粉症などの予防にも役立ちます。

このように、DHA・EPAは、体内の硬い脂肪を溶かし、それを排出させるという溶解剤の役目を果たしてくれますので、ダイエットにとても役立ちます。
摂取方法としては、焼き魚や煮魚にすると、せっかくの油が流れて少なくなってしまうので、お刺身として頂くのが一番理想的ではあります。お刺身でしたら1品作らなくていいので、料理を作るかたにとっても、うれしいですね。

それから、オリーブ油もオススメです。
オリーブ油は大腸疾患や、慢性便秘症に効くと言われています。
便秘に悩んでいる方にいろんなアドバイスの中の一つとして納豆にオリーブ油を入れて食べる方法を伝えています。キムチもいいですよね。
酸化しにくいので、加熱料理にもおすすめです。

油は、ダイエットに必要です。細胞膜の材料となったり、特に女性はホルモンの形成に欠かせれません。

体に良い油を上手に摂取して、ぜひダイエットに活かして下さいね。

水野直美サロン『スリムコントロールハート』HPはこちらhttp://scheart-dream.com
http://scheart-dream.net

この記事を書いたプロ

水野直美

水野直美(みずのなおみ)

水野直美プロのその他のコンテンツ

Share

水野直美プロのその他のコンテンツ