マイベストプロ富山
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ富山
  3. 富山の住宅・建物
  4. 富山の不動産物件・売買
  5. 中山聡
  6. コラム一覧
  7. ラジオ音声【やめた方がいい間取りはなんですか?】わくわく住まいる相談室
中山聡

プロもうなずく不動産のプロ

中山聡(なかやまさとし) / 不動産鑑定士

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

コラム

ラジオ音声【やめた方がいい間取りはなんですか?】わくわく住まいる相談室

2020年10月14日

テーマ:ご相談

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: DIYIFANISA

毎月担当している住まいに関するラジオ番組の音声です。



質問:20代女性
親戚の家には、小さな中庭があり素敵ですが、鳥が迷い込んでくると上に
這い上がれない間取りになっています。おしゃれすぎるのもなんだかなと
思います。
やめておいたほうがいい間取りの設計って何ですか?



-----------------------------------------------------------------------------
15分にまもなくなるところです

この時間スタジオにゲストをお招きしています

じゃがいもさんこんにちはよろしくお願い

しますお願いします

なんか今日

スタジオに違和感があるのもなんだかな

違和感のあるものがあり

ましてユーチューブをあいてにする

めんどくさいですよね

調子に乗ってですね

自撮り棒っての買ってきて

自撮り棒の下に

動く台があるんですよ

これを

ラジオで言うには非常に難しい

どう喋ったらいいのかってな

こうやってボタンを押すとですね

動くんですよ

リモコンで動かしてて反対向きに

も動くってすごい三脚みたいなのに

たってるんですよね

そんなこと言って自分で持つイメージありますけど

そうじゃなくて

自立式自撮り棒みたいなそうなんですけど

あの機械の名前がドリー

自撮り棒さしてその上にカメラがある

すごいしかもちっちゃいカメラで

何のおおきさかな

CDよりはCDのケースよりは小さいですね

何でしょうねカセットですよね

MDケースくらいそうですね懐かしいですね

分かんない人いるだろう

MDくらいで

厚さが3枚ぐらい重ねたものくらいで

そう割と分厚いですよね

1-2CMぐらいあるのか

2センチくらいありますかね

黒いね何とも言えない

このスタジオは

ご存じない方は

全くわからないと思うんですけど

今目の前にですね

いろんなポスターが貼ってあって

友井賢太郎スイングしようぜそうですね

16って書いてあって

ダークマスターとか

いろんなポスターが貼ってあるんですけども

後ろにも張ってるんですけど

全部写ってるって言う今録音してるんですか

そうなんですよ

回転するのかと思ってました

360度回転するのか

と思ったらそういうわけじゃないんです

じゃなくて

360度全部一気に撮影してしまう

この前と後ろのカメラだけで

そんなことができるんですか

うつってるって言う

変なものがあると

360度隠しとかないと

顔はうつってますけど

へんなものはないんじゃないかなと思いますけど

これとって

どうするんですか

このマイクの音声と合わせて

youtubeにのっけてみようかといつもこれ使っ

てるわけじゃないんですね

この前は何月かわすれましたけども

田舎の話をした時は

あれは結構皆さんみてらっしゃった

音声だけでもこの音声

編集して文字と言うか

なんかちょっと画像をつけて下さる感じ

あーそうですね

字幕はつけるようにして

編集がいいのか

これを持ってきた

これこうやってぶつかっていけないと

動かんですけど動いてるから

といって何があるわけでもないんですけど

これで対談みたいな形になると

そんなに動きがないので

こうやってしたらいいですかね

いや普通にしてればあとは編集で

私の顔とか

いろんな顔にしといていただいているので

ドリーって

初めて聞きました

カメラの専門用語には

あるにはあるんですよ

昔からあるようなものなんですけども

名前が可愛いですよ

おもちゃみたいなもんですかね

おもちゃの自動車みたいなもんだ

すごいコンパクトでね私

先程組み立てるの見てましたけど

動画で

なんか動画で少しずつズームするとか

少しずつ引いていくとか

少しずつを右にずれていくような

そういう絵というのがあると思う

このドリーっていうものが役に立つコントローラー

でズームしたり

引いたりとかコントロールしてるんですか

そうですこうやって動かすと

少しずつズームとかしていくじゃないですか

物に近づいていって

これからこういうものが

あるみたいな感じになると思うんですよね

そういう商品紹介とか

あと建物紹介とかの旅館とかで部屋

の紹介とかに

こういうドリーショット使うらしいですよっていう

今日は撮影をしながらもそうですね

ボツになるかもしれませんけど

うまくいけば後日

このラジオって全世界に放送されている

この番組では

皆さんからの住まいの質問に

いつもお答えいただいております

今日もですね

お寄せいただきました

質問に答えていただく形となっております

もう早速しても大丈夫ですよ

20代の女性の方からいただきまし

てありがとうございます

親戚の家には小さな中庭があり素敵ですが

鳥が迷い込んでいると

上に這い上がれないような間取りになっています

おしゃれすぎるのもなんだかなと思います

やめておいた方がいい

間取りの設計って何ですか

という質問いただきました難しいよね

鳥が迷い込んでくると上に這い上がれない

間取りって何って言う

そういうところから

多分想像しないといけないと思うんですよ

なんか開いてる中庭なんですかね

これ多分ですけど

まあ家の真ん中に

もう家に囲まれた中庭みたいのがあるんだ

と思う坪庭って言えばいいです

かねあのよく町屋とかにあるような

家の中にポツンとある畳がそうですね

4枚くらいの四畳半くらいの坪庭ああいうのあると

何がいいかって言うと

見て風流だなってのもあるかもしれませんし

後はそうですね

夏になると

あそこからの熱が

水蒸気がどんどんどんどん上に

上がっていくんですよね

そうなるとあの家の中の風を抜いてくれて

家の中の

熱い空気を坪庭から外に出してくれる

そうですか夏涼しいという

そういう効果があるんですよね

むしたこけとかがはえていた

素敵な日本庭園とかは

見たことがあります

そんなイメージで

そういう事になっていて

そんな古い家ではないんだろう

と思うんですけども

あのそういうおしゃれな家なんだろうな

という風に思うんですよね

そういう風になっていて

じゃあ鳥が迷い込んで来てた

その坪庭なので上の方が空いてるわけ

ですよね多分

そうなると鳥が迷い込んでくる

迷い込むのはいいけどもじゃなぜ這い上がれないか

これは難しい質問ですよね

飛行距離がないんですか

狭いんですかね

もしかしたら

多分小さなもの小さな中庭だと思うんですよ

カタカナのロ

みたいになってて

ある部屋の場所から

中庭越しに家の向こう側が見える

すごいかっこいいんだよ

感じかなって想像するんですけど

鳥から見ると

鳥ってのは真上に飛べないんだと思うんですよね

多分そうでしょうねヘリコプターと違います

そうそうそうそう

だから飛ぼうと思っても

部屋が狭い部屋と言うかの坪庭が狭すぎて

まっすぐ前いっても

すぐ壁になってしまう

そんな感じで

結局飛び上がれなくなってしまった

そんなことなんじゃないかなっていう

私の勝手な想像ですけどね

私もそうなんだと思います

きっとですよね

そういうのもなんだかな

という風に思ってらっしゃる

20代だからこれからやっぱりね

将来のこと考えて

お家のこととか

考えてらっしゃるんじゃないですかね

綺麗なお宅だよっていうことで

私の家みてみたいな感じで

誘われて家にいったのはいい

けど雀がそこにいて這い上がれずに

あの困ってるみたいな

そんな感じになってる

ということじゃないのかな

という他人のうちだからね

そんな感じがしますね

質問はやめておいた方がいい

間取りの設計て何ですかっていう

これまた難しい質問がやってくるんです

難しいですよね

でいろいろこう考えるんですけども

そうですねっていう感じなんですが

もう一般的にっていう話になると

いい間取り悪い間取り

っていう話になると思うんですよ

これはもう人によっても様々ですので

ある人にとっては

良い間取りかもしれない

けども違う人にとっては

全然駄目な間取りとか

これはおかしいっていう人も

多分出てくると思うんですよ

それぞれの価値観みたいのがあるんですけど

一般的にはですね

最近の傾向でっていう話になると

私がいいなと思う間取りはですね

どちらかというと

部屋数が少なくて

断熱がしっかりした家っていう

私はそのくらいかな

という風に思ってるんですけども

良くないなとやっぱり思うのは

非常に大雑把な説明になりますけども

こった家っていうのは

やっぱりやめといた方がいいかも

なんかこう売りにくいとかそういう

話もちょっとありましたね

あの有名建築家という人が

作った家ほどですね

不動産で

いざ売ろうとなると全然売れないとか

そういう話ありますよね

アンドウなんとかさんとか

作った家とかあるんですけど

どうやってこれ

うったらいいの

みたいな非常に難しい不動産価値

としてはその代わり建築費がすぐ高いですよね

設計料もすごい高いと思うんですけど

高くお金がかかる割には全然売れないと

やすくしても売れないっていう

そういうすごい特殊なものになってしまうんです

けども市場性がなかなかなくなってしまう

という言い方の方が

いいかもしれませんけどもこった

家っていうのはこればこるほどですね

なんとなくこう使いにくもなってくるし

このご質問のように鳥が迷い込んでくる

という意外な事が出てきたりする

わけなんですよね

そういうのはなかなか難しいなぁ

ということなんですけどでも

マイホームを作るっていったら

大体の人は凝りだすそうですよ

99%凝りだすキッチンはこんなんじゃないととか

アイランドキッチンがとか

このドリーみたいに

今聞いて覚えたような言葉を使いたがるわけですね

子供とかがのぼる

石の遊び場みたいなの作る人もいたり

いたり

地下を作ったりとか色々ありますが

床下収納とか猫飼っている人は

猫があちこちでできるようなですね

キャットタワーみたいなとこですね

そういうの作り出したりするわけなんですよね

そういうような凝った家って

建てた時は満足だと思うんですけど

10年20年経ってくると

周りの家と比較し出すとですね

この家あれーっていう風に思ったりするんですよね

真っ白い家を作ったのいいんだけども

10年15年経ってみると

なんとなくこう雨が当たったところからですね

なんかちょっと汚れてくるようになったりすると

やっぱりそういう変なところで目立つ

と言うかそういうのが

逆にこう欠点になってく

そういうのがありまして

でもまあ良い間取り悪い間取りっていう話になると

傾向があるんですよね

多くの人に当たり障りのないところで良い

間取りってどんなのっていう風に

こう思ったり

するんですけども

こういうのが最大公約数的なものかなっていうのだけ

いいものと悪いものですね

もう時間も許す限り

しゃべってみようかなと思うけど良いものって

なかなかないんですよそれは

人によってばこだわるポイントが

違うんで多くの人に

とっての良いものっていうのは

非常に少ないんですけど

まあこれかなっていうの

ご紹介するとまずはですね

2階の水周りなんですよ

これはあったほうがいいということです

具体的に言えば

2階のトイレとか

2階に小さなキッチンを作るとか

コーヒーを入れるだけのような

そういう小さなキッチンを作るとか

小さな洗面台を作るとか

これはあったらいいなっていう風に多分

思うと思います

例えばそのよくあるのは

お年を召してくると

階段からこうわざわざ

階段降りて2階で寝てるとして

階段降りてトイレに行って

また階段登ってっていうのが億劫になったり

病気になったりするとなかなか

非常に1階と2階の移動が困難になってくる

そういう話もあったりするんですね

夜いきなりトイレがしたくなった

みたいな話がよくお年を召された方

あるかと思いますけども

そういうことなんですよね

そうやってあの寝ていると

そのくつろいでいると

2階でこうくつろいで

映画でも見てみたり

するとなんとなく

コーヒーが飲みたいなっていう風に

思ったりするわけですね

そういう時にミニキッチンでコーヒー作って

チーズでも置いてあるものを食べる

映画により集中できる素敵な

暮らしになりそうですよね

そういうことなんですよ家族が増え

てくるとトイレは

1階と2階にあった方が

トイレの渋滞が起きなくて

いいかっていうのもあると思うんですよね

これはあの多くの人にとって

良い間取りじゃないかと思うんですよね

あとはですね

まぁだいたい

最大公約数的なことを言うと

収納ですよね収納

とにかく収納は作れるだけ

作った方がいいんじゃないかっていう話になってて

天井裏とか床下とか家は壁一面ですね

ここは壁一面ポスターが貼ってありますけど

家は壁一面棚になってる

そうなんですかいいですねそうなんですよ

もうここ

これが全部上から下まで棚になってるっていう

備え付け作ったんですか

それでうちはもう作る

中は作りかえてますんで

買ってきた棚じゃなくて

買ってきたんじゃなくて

あのホームセンターに行って

棚の棚受けみたいなの壁にうちつけて

やってるんですね

そういうのですね

とにかく作るというのは

後悔が少ないと

おすすめはできるということですね

あと非常に細いんですけども

玄関の花台っていうのがあって

玄関に小さな台を置いとくっていうのは

間取りでも何でもないんですけど

これ多くの方には好評だと

玄関の所に花を置い

とくっていうだけでもいいし

あの昔はよく電話置いたり

玄関に置いたりしてましたけども

後は荷物を置いたりする時に

靴を履くときに

荷物をそこに置いとくとか

確かにそのくらいのことはできるので

玄関の花台

っていうのは間取りじゃないですけども

非常に後悔が少ないものだろう

ホームエレベーターっていうのは

家用のエレベーターで

非常にお金がかかるものですけども

お金はかかるしつけつけた後もですね

毎月毎月点検に

またいくらかかかるっていう非常に

あの金食い虫な設備なんですけども

3階以上の家だとしたら

ホームエレベーターあるかないかで全然違う

という話はありますよね

3階以上ってあまりないですよ

3階以上の家作る人ってそうとうだ

見てみたいですね

1回見たことあって

お金持ちの家にあり

ますよね3階建てですか

4階建てでした

いったところは

すっごいエレベーター遅いんですよ

ここの建物エレベーターとは

全く違う非常にもうこの

これのドリーの動くくらいのゆっくりですね

なんだけども後悔が少ないお金持ち用

ですよね一つステータスかも

非常にあの小さなものですけど

勝手口っていう

階段もそうですけども

階段が二つある家って

相当珍しいと思いますけども

あの一箇所でしか

通れない場所があるって言うのは

意外と使いにくいっていうのがあるん

ですよね入り口がま入口出口が2つって

そうそうですね

玄関以外にもう一つ入り口を作っておくっていうのは

これは便利かな

というふうには思いますよね

作った方は以外と

後悔は少ないと昔の建物の造りって言われた

そんな感じですよね

私はもうどこからでも出入りできるみたいな

そんな感じだとかそっかあると便利

防犯とか行ったりとか

そういうことなんか

変な人が押しかけてきた時に

後ろから勝手口から逃げるとか分かりません

けどそんなことがあると思いませんけど

そんなとこですかねこれがね

大体良い間取り設計ということは

なるほどいつついまだしていただきました

良い間取りの設計ということで

ここでで1曲挟みまして

また後半へと参りたいと思います

今日は

ウィリアムテル序曲ことなんですけども

これはこれも運動会の季節

そうでした終わったかもしれませんけど

これから今

ちょうどそういうシーズンですね

CDの中からおかけしますけれども

今日はパリ音楽院

管弦楽団の演奏でお届けいたします

これ実は12分もある曲で

びっくりしまして

よく聴くあの運動会の曲が

この中の一部ということで

途中からお届けしたいと思います

ではお聞きくださいパリ音楽院管弦楽団の演奏で

歌曲ウィリアムテル序曲をお届けしました

運動会を思い出しましたでしょうか

荘厳な音楽でしたね

玉入れするには

ちょっとなんかこうそうですね

気が引けてしまうような今日

この時間は

皆さんからの住まいにまつわる質問に

答えて頂いております

今日の質問ですけども

20代の女性がですね今

親戚の家が

ちょっと鳥が迷い込んでくるような

不思議な設計になってるという

間取りでやめておいた方がいい

間取りはありますか

というような質問をいただいております

前半はいい間取りということで

あの水回りはあったほうがいい

2階にはとか

収納は作れるだけあった方がいい

それから玄関に花台があった方がいい

そして3階以上の家で

ホームエレベーターあるといいんじゃないかと

それから勝手口があるといい

いい間取りについてお聞きしましたけれども

後半はということは反対に

あまりこれはオススメしないな

という間取りもあるってことで

質問の答えはやめておいた方が良い

間取りの設計

って何ですかあと5分ぐらいですか

どうでもいいエレベーターに時間を使ったというなので

一応説明するとやめておいた方が良い

間取りよく議論になる

あのいいという人も言い張る人もいるので

議論になるんですけども

一番やめておいたほうがいいと思うもの

リビング階段って分かりますかね

リビングの所に階段があるあれはですね

やめておいた方がいいと思いますよ

って言うと必ずですね

そんなことはない

と言い出す人もいるんですけど

実際はですねやめといた方がいいんですよ

リビング階段というのは

リビングのところにくつろぐところに

階段があって2階に上がれる

ようになってるんです

それはもう見た目がまずかっこいいと

そうですねかっこいい階段なわけですよ

後はその子供が家に帰ってきて2階に

勉強部屋があるんだと思うんですけど

個室に行く時に

必ずリビングを通るので

ご家族のコミュニケーションが図れますよ

そんな話もあったりするんですけど

あれはですね

やっぱり実際ゆめゆめというか

こだわりで作った人ほどですね

後悔するものの最右翼とか

もう一番目みたいなそんな感じですね

何でですか

なんでかって言うと

簡単なことで

誰でも想像できると思うん

ですけど寒いっていうのが寒いんですよ

冬は寒いですよ

みたいなすぐに2階につながるからそうなんですよ

全部あったかい暖房はですね

2階に抜けてしまう

もしやるんだったら

もう相当断熱しないと

家全体を断熱しないと

ちょっと厳しいなって思うし

断熱したとしても

また動いちゃった

断熱したとしても

料理の匂いが全部家中に充満するっていう

そういうこともあったりしますよね

一箇所吹き抜けになってるみたいな感じですそうなんですよ

後はそのテレビの音が

二階に筒抜けになってしまうとか

光熱費が当然が上がるでしょうし

逆に子供がですね

親のいないこそこそ隠れて

自分の部屋に帰りたいというような

年頃になっても

それができないので

子供が家に帰って来なくなる

みたいな家に帰って来なくなる

という話もあったりですね結局そう

いうのつける人はどうするかって言うと

階段のところに無理矢理カーテンを引いたり

つけたりする

部屋を区切ってしまうっていう

そういうことになる可能性が高いですよね

そうなんです

これがもう一番にあげられるものだと思って

皆さんの多分多くの人は

夢だと思うんですけどそれがですね

後悔に繋がると言うですね

あとはよくあるのはそうですね

お風呂の蛇口を

ライオンの口から出てくるものにするとか

どうでもいい話ですけど

次にあるのは

あのウッドデッキとバルコニーですよ

あれもあこがれだと思うのですけど

ウッドデッキ作ってバルコニー作って

あそこでバーベキューでもして

家族団欒というわけでもないですけども

そういうのやってみたいなと

みんな思うと思うんですけど

1回やればもう満足

そういうもんなんですかね

家は20年30年経ってますから

それ以降誰も使ってない

皆さんもいろんなお宅見ると思うんですけど

バルコニーに人がいて

幸せだなって思う姿を

皆さん見たことありますか

洗濯物干してるのを見たことありますね

そのくらいですよね

わざわざそのバルコニーにいって

何かこう時間を潰そうとしている人

っていうのはほとんどいないん

じゃないかなっていうふうに憧れますけどね

お茶飲みながらなんかね

ゆっくり過ごすってのはね

これから冬になりますが

一年の半分はもう使えないわけですよ

夏は暑すぎるし

これはですね

後悔するものの2番目くらいですかね

あとはもうひとつだけ

ひとつだけでいうと

キッチンなんですよキッチンキッチンはですね

もう全てやめておいた方がいいっていう

ふうに言えるくらいですね

あの必ずどれか選ばなきゃいけないんですけど

あの対面キッチンとかアイランドキッチンとか

夢のようなものがあるんですけど

そういうの何か選んでしまうと

必ずそこで後悔するって言うそうですか

アイランドキッチンっていうのが

最近流行りなんですけども

ああいうのは

家帰って水道の音とかで横でテレビ見てる

うるさいとかねアイランドどういうのでしたっけ

真ん中にデーンとキッチンがあって

取り出したりすることはできるって言うお料理教室とか

油料理すると部屋中全部飛び散りますから

後悔になるんですけども

他の形式の独立キッチンて言って

キッチンだけが部屋になってるようなものもあるんですけど

あれはですね

今度料理を運ぶのがめんどくさい

というのがあったりキッチンは何を選んで

も後悔するなんか

自分の中で折り合いをつけるしかないですね

というのがありますよっていうことですかね

という感じで時間が来てしまって

大変参考になりました

是非この20代の女性の方も

参考になったのではないかなと思いました

本当にいつも

いろんなことをですね

相談乗っていただけますので

皆さんも気軽にください

ホームページ

あるいはtwitterからも

メッセージ募集しておりますので

もしよろしければ投稿ください

ということでわくわく住まいる相談室

どうもありがとうございました

ありがとうございました

【Youtubeチャンネル「住まいと投資チャンネル」開設中】
https://www.youtube.com/channel/UCTtiQwLNT_nvz4OoOVvdVyw/videos
▼著作▼
不動産のことが本当に2時間でわかる発売15版の定番本
 『不動産のしくみがわかる本(同文館出版DO BOOKS)』
 『空き家管理ビジネスのしくみ(同)』
 『闘う!空き家術(プラチナ出版)』

この記事を書いたプロ

中山聡

プロもうなずく不動産のプロ

中山聡(わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

中山聡プロへの
お問い合わせ

中山聡

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

担当中山聡(なかやまさとし)

地図・アクセス

中山聡のソーシャルメディア

youtube
住まいと投資チャンネル【中山聡】
2020-10-22

中山聡プロのコンテンツ