まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中山聡

プロもうなずく不動産のプロ

中山聡(なかやまさとし)

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

お電話での
お問い合わせ
0763-34-7166

コラム

中日新聞にコラムが掲載されました(その3)

ご相談

2015年11月22日

こん○○は。

中日新聞にコラムが掲載されました。この連載は20回シリーズということで話を聞いていますが、面白くなければ途中で打ち切られるかもしれない、というドキドキの中で書いています。幸いにも今回4回めは書くことができました。

中日新聞コラム(3回め)

空き家になる前に起きること


前回のコラムでは、空き家の発生の前には、高齢者の一人暮らしの状態がある、ということを書きました。私たちには普通にできること、例えば、玄関から2段降りて靴を履き、玄関ドアを開けて外に出る、そんな簡単に思えることが、高齢者には一仕事になります。また、時の流れとともに一つづつ、昨日できたはずのことが、今日できなくなってしまう、そんなこともおきます。

たとえば、2段降りるという動作ができなくなってしまうと、それだけで外に出ることができなくなります。外に出かけることができなければ、家の中に閉じこもることになり、ストレスが溜まったり、気分が落ち込んだりするかもしれません。そういうことが一つづつ積み重なると、結局家に住んでいられることができなくなってしまいます。

空き家になるのを遅らせる活動


私たちには普通にできることが、高齢者の一人暮らしにはできなくなってしまう・・・もしその時に簡単なお手伝いができれば、どれだけ助かるでしょうか?手伝いはあるものの、昨日できなかったことが今日できるようになります。悪い方向に回り始めた日々の生活が、今度は良い方向に回り始めます。外に出られれば外の天気がわかります。たったそれだけのことですが、普通のことが積み重なることで、生きがいにつながります。日々生きていく気力が生まれるのです。空き家になるのは避けられないとしても、空き家になるのを遅らせることができるのです。

このコラムでは、そのための具体的な活動について書きました。

▼著作です▼

不動産のことが本当に2時間でわかる発売11版の定番本
 『不動産のしくみがわかる本(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理ビジネスの創業ノウハウを図解入りでわかりやすく書いた本
 『空き家管理ビジネスのしくみ(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理実績全国No.1の著者が書いた、6つの空き家術を駆使してお荷物空き家の解決する本
 『新訂 闘う!空き家術(プラチナ出版)』

この記事を書いたプロ

中山聡

中山聡(なかやまさとし)

中山聡プロのその他のコンテンツ

Share

中山聡プロのその他のコンテンツ