まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中山聡

プロもうなずく不動産のプロ

中山聡(なかやまさとし)

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

お電話での
お問い合わせ
0763-34-7166

コラム

中日新聞にコラムが掲載されました(その2)

ご相談

2015年11月22日

こん◯○は。

中日新聞で空き家の発生原因についてのコラムが掲載されました。

中日新聞コラム(その2)

空き家の発生原因は「人」の問題


 「空き家が増えて大変だ」といった話がよく聞かれますが、空き家は建物が悪いわけではありません。建物はただただ物理に法則に従って、そこに存在して、少しづつ壊れたり朽ちていったりしています。建物が突然意思を持って人を追い出すことはありません。

 空き家はなぜ起きるか、そのメカニズムを研究した論文をもとに、このコラムでは空き家の発生原因を紹介しました。

空き家は高度経済成長時代から作り上げた社会の結果、生まれた


 論文によると、空き家の発生原因は、高度経済成長時代に遡ることができます。昔の3世代10人の大家族から、5人家族、核家族(3人世帯)、DINKS(子供のいない夫婦2人世帯)、そして最近では都会の若者がワンルームマンションで一人暮らしをすることや、地方の高齢者の一人暮らしなど、1世帯あたりの人員はずっと減少し続けています。

 そして、その高齢者の一人暮らしの状態から、その高齢者が入院したり、死亡したりすると、はじめて空き家状態となります。それが続くことで、あるいは放置されることで空き家が発生してしまう、これが空き家発生のメカニズムとなっています。

空き家は建物から人がいなくなった「結果」でしかない


 そして、空き家になった建物を見て、よく空き家の家を活用して街並みを維持しようとか、古い古民家の風情に魅せられてなんとかしたい、と思うのはとても自然な気持ちです。一方、結果だけを見ているのであって、必ずしも原因にアプローチしていない、そんな感じのコラムとなっています。

▼著作です▼

不動産のことが本当に2時間でわかる発売11版の定番本
 『不動産のしくみがわかる本(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理ビジネスの創業ノウハウを図解入りでわかりやすく書いた本
 『空き家管理ビジネスのしくみ(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理実績全国No.1の著者が書いた、6つの空き家術を駆使してお荷物空き家の解決する本
 『新訂 闘う!空き家術(プラチナ出版)』

この記事を書いたプロ

中山聡

中山聡(なかやまさとし)

中山聡プロのその他のコンテンツ

Share

中山聡プロのその他のコンテンツ