まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中山聡

プロもうなずく不動産のプロ

中山聡(なかやまさとし)

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

お電話での
お問い合わせ
0763-34-7166

コラム

中日新聞にコラムが掲載されました。

ご相談

2015年11月21日

こん○○は。早速ですが、中日新聞に書いたコラムが掲載されました。



ちょっと読めないと思いますので、概要はこんな感じです。

コラムの内容は?


空き家があるときに、雪が降るとすぐに「空き家」だとわかってしまいます。人が住んでいる家は玄関から道路まで足跡がついたり、除雪されます。除雪しないと外に出られないので必要にかられて除雪します。ところが空き家ではいつまでたっても足跡もつきませんし、もちろん除雪もされません。「泥棒さんいらっしゃい」状態になってしまいます。

また、高齢者の一人暮らしのお宅では、除雪したくてもなかなか思うようにできず、出かけられないと買い物できず困ったり、出かけるのが億劫になったりしてしまいます。

そこで、ボランティアで除雪をする「除雪支援隊」という活動がある、そんな感じのコラムです。それを、あるお年寄りを主人公にして800字で描いています。

「道路から玄関までの最後の5メートル」の除雪が問題


毎年除雪には、県や市町村で除雪対策費として多くの費用が予算化されています。それらのほぼすべては、「道路の除雪」にあてられています。最近では、歩道の除雪も積極的に行なわれるようになりました。

ところが、道路を除雪するとはっきり分かることですが、道路から玄関先までの5メートルの除雪は、各世帯で行なうしかありません。私有地ですから当たり前と言ってもよいかもしれません。これができればいいのですが、お年寄りの一人暮らし世帯や、空き家の場合には、その最後の5メートルの除雪がされないことになります。

たった5メートルと短い距離ですが、除雪できなければ結局外に出られません。防犯上も心配です。しかしこの部分、特に社会的弱者のお宅については今のところ行政の除雪も手が回っていないと言ってもよいと思います。

この点の指摘を物語風に書いたコラムになっています。

▼著作です▼

不動産のことが本当に2時間でわかる発売11版の定番本
 『不動産のしくみがわかる本(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理ビジネスの創業ノウハウを図解入りでわかりやすく書いた本
 『空き家管理ビジネスのしくみ(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理実績全国No.1の著者が書いた、6つの空き家術を駆使してお荷物空き家の解決する本
 『新訂 闘う!空き家術(プラチナ出版)』

この記事を書いたプロ

中山聡

中山聡(なかやまさとし)

中山聡プロのその他のコンテンツ

Share

中山聡プロのその他のコンテンツ