まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中川広美

妊娠できる心と身体にする妊活リフレのプロ

中川広美(なかがわひろみ)

Refuge (リフュージュ)

コラム

昼間が最も長く夜が最も短い日【夏至】

今年(2018年)の一年で昼間が最も長く夜が最も短い日は、6月21日(木)です。

この日に食べると良いもの

冬瓜
夏が旬の野菜である冬瓜は、食物繊維やビタミンCが豊富な上、
糖分の吸収や熱を抑える効果や利尿作用もある健康食品で
高温多湿の夏至の時期の夏バテ対策にも最適の食べ物です。

小麦粉餅(奈良や和歌山、関東の一部)
小麦餅といっても小麦粉を捏ねたお餅ではなく、
もち米とつぶし小麦を混ぜて作った餅にきな粉をまぶしもの。
素朴な味わいの伝統的な夏至の食べ物として人気があり。

小麦餅が夏至に食べられるようになったのは、
丁度、昔は田植えの時期だった夏至の頃に田植えの無事や豊作を願い
縁起物としてお供えする風習が起源になっているようですよ。

タコ(関西)
夏至にタコを食べる理由としては
先に触れた通り、夏至は田植えの時期だったということもあり、
タコの足のように稲が八方に根を広げますようにという
豊作への願いを込めた縁起物として食べられていたようです。

また、タコはとても栄養価が高い食べ物なので、
暑さに向かう折に滋養を付けて厳しい夏を乗り切れるようにと願いが込められています。

水無月(京都)
三角形をした和菓子。
6月30日の夏越の祓の日に京都で食べられる縁起物。
水無月が食べられるようになったのは、
旧暦6月1日に氷を食べると夏バテしないという言い伝えがあり
昔は高価だった氷を入手できない庶民の間では、
氷に似せた和菓子を食べ厄除けにしたのが始まりなのだそうですよ。

うどん(香川)
田植えを手伝いに来てくれた人に
感謝の気持ちを込めてうどんを振る舞ったのがその始まりだそうですよ。

季節を感じ、ぜひご自分に合ったものを食べてみませんか?

浄化の作用の高まる日


夏至の日は太陽や宇宙から特に大きなエネルギーを貰える日と
スピリチュアルの世界ではされています。

浄化の作用の高まりに合わせて身辺の不必要な物を捨てて、
自分の本質と向き合うのが良い日といわれています。

2018年の丁度折り返し地点でもある夏至の頃なので
下半期の運気を高めるためにも浄化のパワーを上手く利用し、
自分自身と向き合う時間を持ってみるのもおすすめです。

【浄化の仕方】
1、掃除で浄化

掃除はとても効果の大きい浄化方法です。
特に、仕事場や寝室など、長い時間を過ごす空間はきれいに掃除して、余計な物はなるべく置かないようにするのがおすすめです。

普通に片付けて掃除機をかけた後、ぞうきんを使って水拭きをしましょう。
壁や床などを「神様の体」を拭くようなイメージで見立てて磨き上げます。
モヤモヤ気が散って集中できないとき、心機一転したいときにおすすめです。
一日の中では、朝出かける前に掃除をすると、帰ってきてからの気持ちがすごく楽になります。

2、日本酒と塩の風呂で浄化

風呂も、日々の習慣に取り入れやすいスピリチュアルな浄化方法です。
まずお湯を張るときは、脱塩素濾過剤などを使って残留塩素を除去します。
お湯に日本酒をコップ1杯、天然塩50グラムを入れます。

お湯の中に体から黒い煙のような邪気が抜けていくイメージをします。
スッキリしたところでお湯から上がって風呂の栓を抜き、水と一緒に邪気が排水口に流れていくイメージをしながら最後まで眺めます。
夜寝る前に一日の邪気を落とす儀式としておすすめです。

3、塩の歯磨きで浄化

朝起きてすぐに行いたい浄化法です。
夜寝ている間に口の中に邪気が溜まっていますので、朝起きたら水を飲むよりも朝食を取るよりも先に歯磨きをしましょう。

普通の食べた後の歯磨きとは別に、浄化専用の歯ブラシを用意します。
水だけでも良いですが、天然塩をつけて磨くとよりサッパリするのでおすすめです。
寝る前にも歯磨きをするのですが、朝一で歯磨きをするともにゃっとした謎の何かが出てきます。

4、ろうそくの火で浄化
お手軽度ナンバーワンの浄化法は、「ろうそくの火を見る」です。
白い普通のろうそくに火をつけてじっと見つめるだけの簡単デトックス!
ゆらゆら揺れるろうそくの火には「1/fゆらぎ」というリラックス効果があると言われています。
お金もかからず、とても簡単な浄化方法です。火事にだけ気をつけて試してみてください。
夜、お風呂から上がって寝る前がおすすめ。すっきりします。


5、お香で空間を浄化

もう一つお手軽なものとしては、「お香」があります。
お寺にお参りするとき、大きな香炉の前で線香の煙を浴びますが、あれは本堂に入る前に身を清めているんですね。
いい香りで空間を浄化し、鼻の邪気センサーを正常に保ちましょう。

自宅でお香を炊くときには、変な人口の香料が入っているものは避け、天然のいいお香やエッセンシャルオイルの中には空間の浄化作用を持つものを選ぶとよいですよ。


6、自然に触れて浄化

たまにやりたいスペシャル浄化方法は、美しい自然に触れることです。
海でも山でも構いませんので出かけていって、自然の雄大な景色を眺めて、
おいしい空気を吸ってみましょう。
自然の大きさを前に、人の存在の小ささを感じると悩みや恨みなどの黒い邪気が吹き飛んでしまいます。

ぜひ、できることを続けてみてくださいね。


http://www.r-refuge.com






リフレクソロジスト いろは【中川広美】
1977年生まれ 四姉妹の母
内向的な幼少時代。身体を動かすことが好き。
学生時代はハンドボールに明け暮れる。
将来は、美容師と決めていたが、スイミングインストラクター、スポーツインストラクターと「好き」が仕事となる。
1997年大手エステ業界(株)RBMに入社。
健康美に携わり、運動学・食事・心理学・反射学を身につける。
2001年リフレクソロジー専門店Refuge開業。
2011年体温を1℃上がるリフレクソロジーとし、『温活』に特化する。
2013年自身の経験から【35歳からの妊活】講座を始める。
2015年第四子出産をはじめ、妊活受講者30名が出産へと導く。
妊活奥様、2人目ベビ待ち、マタニティ、産後ママ、育児相談などなど
先輩ママとして、悩み多きママさん方にご利用頂いています。


〜Refuge〜
富山県富山市富岡町86
ノーヴァ102号室
お問い合わせは
09023784466
お急ぎの場合はお電話&ショートメールにてお願い致します。

妊娠できる心と身体をつくる

〜Refuge〜
http://www.r-refuge.com
富山県富山市富岡町86
ノーヴァ102号室
お問い合わせは
09023784466
お急ぎの場合はお電話&ショートメールにてお願い致します。

この記事を書いたプロ

中川広美

中川広美(なかがわひろみ)

中川広美プロのその他のコンテンツ

Share

中川広美のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-24
facebook
Facebook
google-plus
Google+