まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中川広美

妊娠できる心と身体にする妊活リフレのプロ

中川広美(なかがわひろみ)

Refuge (リフュージュ)

コラム

紫陽花の花言葉のように

妊活

2018年6月7日

紫陽花が綺麗に咲く時期となりました。
北陸と方は来週あたり梅雨入りでしょうか。

雨がしとしとと降る時期も意外と好きです。

紫陽花について少しお伝えしたいと思います。




紫陽花の色の変化


紫陽花は土壌の性質や、花咲いてからの日数で色に変化があるのが特徴です。

紫陽花の花にはアントシアニンという色素が含まれていて、
それに土から吸収されたアルミニウムが加わることで青みを帯びます。

土壌が酸性の場合、アルミニウムが溶けて吸収されやすく紫陽花は青みの花を。
逆にアルカリ性の土壌で育った紫陽花は赤みの花をつけます。

そのため、酸性の強い日本の土壌では青~青紫の紫陽花が多く、
アルカリ性の強いヨーロッパの土壌ではピンク~赤紫の紫陽花が多い。

また紫陽花は、咲き始めは葉の色に近いクリーム色ですが、
日数とともに、


水色→青→青紫→赤紫(ピンク)と花の色が変わります♪

紫陽花の花言葉



青~青紫色
冷淡、無情、高慢、辛抱強い愛情、あなたは美しいが冷淡だ。

ピンク~赤紫色
元気な女性

白色
寛容

ガクアジサイの花言葉(原種は青)
謙虚

紫陽花は、
小さな花の集まりから「家族団欒・家族の結びつき」というプラスイメージの花言葉もあります。

家族が増えて賑やかな家庭を思うと紫陽花を玄関やリビングに飾りたいですよね。

Refuge妊活の一つ。
「紫陽花を飾る」は心を豊かにしてくれます。
生理のことや排卵日のことばかり考える日々が多い中、
心の癒し時間を積極的に持つことを♪

Refugeでは「妊娠できる心と身体をつくる妊活リフレ体験会」を開催しています。



中川さんに相談してみる!はこちらから

病院ではなかなか聞けないことをお気軽に先輩ママに相談してみてください♪



リフレクソロジスト いろは【中川広美】
1977年生まれ 四姉妹の母
内向的な幼少時代。身体を動かすことが好き。
学生時代はハンドボールに明け暮れる。
将来は、美容師と決めていたが、スイミングインストラクター、スポーツインストラクターと「好き」が仕事となる。
1997年大手エステ業界(株)RBMに入社。
健康美に携わり、運動学・食事・心理学・反射学を身につける。
2001年リフレクソロジー専門店Refuge開業。
2011年体温を1℃上がるリフレクソロジーとし、『温活』に特化する。
2013年自身の経験から【35歳からの妊活】講座を始める。
2015年第四子出産をはじめ、妊活受講者30名が出産へと導く。
妊活奥様、2人目ベビ待ち、マタニティ、産後ママ、育児相談などなど
先輩ママとして、悩み多きママさん方にご利用頂いています。

中川さんに相談してみる♡はこちらから
体温が一度上がるリフレクソロジー専門店
〜Refuge〜
富山県富山市富岡町86
ノーヴァ102号室
お問い合わせは
09023784466
お急ぎの場合はお電話&ショートメールにてお願い致します。

妊娠できる心と身体をつくる

〜Refuge〜
http://www.r-refuge.com
富山県富山市富岡町86
ノーヴァ102号室
お問い合わせは
09023784466
お急ぎの場合はお電話&ショートメールにてお願い致します。

この記事を書いたプロ

中川広美

中川広美(なかがわひろみ)

中川広美プロのその他のコンテンツ

Share

中川広美のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-22
facebook
Facebook
google-plus
Google+