まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中川広美

妊娠できる心と身体にする妊活リフレのプロ

中川広美(なかがわひろみ)

Refuge (リフュージュ)

コラム

背中から分かる「後ろ姿年齢」

女性の悩み

2013年11月5日 / 2014年2月10日更新

【後ろ姿年齢】
見えてないから、気にしてないのは自分だけ!

後ろ姿年齢

毎日、自分の顔は鏡で見ているけれど、後姿まで見ている人は少ないハズ!
だけど、他人の後ろ姿は無意識に評価していませんか?
「垂れたお尻」「丸まった猫背」「背中の余分な脂肪」…
なんて…当然あなたの後ろ姿も他人にバッチリチェックされているんです!
「いざとなればカロリーダイエットをするから大丈夫!」が危険です!!
いったん背中についた脂肪を落とすことはなかなか難しいもの。
理想的なバックスタイルを手に入れるには…
脂肪がつきにくい、ついた脂肪が燃えやすい「姿勢」と「筋肉」が大切なんです☆
先に述べたように、食事制限だけのダイエットで体重は減っても背中の脂肪は下半身同様落ち難い場所!
また背中に脂肪がつきやすい人は、姿勢の悪い人が多いため、ますます後ろ姿に魅力がなくなります。余分な脂肪が背中についてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなり、見た目だけの問題にとどまりません。日頃から肩甲骨付近や太ももの裏側の筋肉をあまり使わない方はご自分が気づいてないだけで背中に“だぶついた脂肪”が既に存在するかもしれません…

☆あなたの後ろ姿年齢を知ろう!
・ジャケットやスーツをかっこ良く着こなせない
・太ももと後ろにセルライトが溜まっている
・背骨が曲がっているような気がする
・首回りや背中に肉が付いて来た
・首・肩・腰が痛い、張る
・猫背が気になる
・腰の回りに脂肪が付いて来た
・お尻が垂れている
・二の腕がタプタプしている
・歩き方が美しくない

◆診断結果~あなたの後ろ姿年齢
・該当した項目が2個以下は20代
・該当した項目が2個~4個以下は30代
・該当した項目が4個~6個以下は40代
・該当した項目が6個以上は50代あせる

後ろ姿年齢は「実年齢」より下でしたか?それとも上?

☆正しい筋バランスこそがキレイな姿勢・後ろ姿を作る
犬や猫のように前足と後ろ足の4点で体を支えるのと違って、人は足の裏の2点で体を支え、走ったり、跳んだりすべての動作をこなし、しかも倒れることなくバランスを取っています。
二足歩行への進化は、実に上手く出来た人間ならではの筋肉の発達のおかげ☆
人は体の「前の筋肉」と「後の筋肉」が絶妙のバランスで「拮抗」し体を支えています。
テントを張る時の事を思い浮かべてください。中心になる支柱を前後の拮抗する紐でバランスを取って安定させるのと同じことです。
当然、どちらか片方の紐が強すぎても、片方が弱すぎてもテントがうまく立ちません…

人の場合、前面の筋肉を使うことが多い一方で、背中の筋肉が早く低下していく傾向が強いため、前面に引っ張られ前屈みで猫背、年とともに腰が丸くなってくる運命を背負っています。当然、筋肉が低下した背中にはブヨブヨした脂肪がつきやすくなります。脂肪は背中だけではありません。同時に低下してくる臀部や太ももの後ろにも脂肪は蓄積され、見事な中年の背中に…
もう1度、後ろ姿を若返らせるにはからだの後ろ側にある筋肉、特に「僧帽筋」「広背筋」「ハムストリング」などの比較的、代謝のアップにつながるボリュームのある筋肉を鍛える事が重要なのです!!!

2つある肩甲骨が平行に並び離れすぐないのが条件です。そのために重要なのが僧帽筋と広背筋です。僧帽筋は背中から肩の付け根にかけて存在する筋肉。肩甲骨を支えている筋肉で、衰えると、両方の肩甲骨を引き寄せる力がなくなり、離れ始めた肩甲骨は、丸い背中を作り出します。肩甲骨は鎖骨と一体化しているため、美しく浮き出ていた鎖骨も、目立たなくなり猫背が形成されていきます。
猫背になると腕は身体の前面側にぶら下がる形になり、腕の根元から脊椎の下部に広がるのが「広背筋」は腕の重さで背骨をピンっと伸ばしておくことが出来なくなります。大きな広背筋さえも長い年月とともに劣化し、支えを失った腰は、曲がっていきます。「腕も重さで大きな広背筋が老化!?」と思われるかもしれませんが、個人差はあるものの腕の重さは両手合わせると6~10kg。自分の頭が片腕に1個づつぶら下がっているようなもの。首や肩には両腕と頭の約12~15kg(体重の約20%)の重りがかかっていますから、姿勢が悪くなると肩が凝ったり背中が張ったりするのは当然です。


この2つのボリュームのある筋肉を鍛える事が姿勢を変え、背中の代謝アップ、脂肪燃焼につながります。背面の筋肉は実は鍛え難い場所です。その中でも肩甲骨周囲の筋肉は特に難しい。実際肩甲骨を意識的に動かしてみてください。うまく動かないはず!それだけ筋肉を使ってないのです。身近な運動ではボートを漕ぐそのスタイルが、この2つの筋肉を鍛えます。


体が冷えていると背中の肉以前の問題ですあせる
何をするにしても足先(足指)を解してから運動をはじめてくださいね♪

足指を揉み解すRefuge独自の【リフレクソロジー専門店】
営業時間…月~土曜日10:30~21:30
予約時間…10:30~、13:30~、15:00~、18:30~、20:00~
定休日…日曜日・祝日
ご予約…携帯090-2378-4466

予約状況 をご確認ください♪
Refuge予約状況

皆様のお役に立てるよう心よりお待ちしています♡

妊娠できる心と身体をつくる

〜Refuge〜
http://www.r-refuge.com
富山県富山市富岡町86
ノーヴァ102号室
お問い合わせは
09023784466
お急ぎの場合はお電話&ショートメールにてお願い致します。

この記事を書いたプロ

中川広美

中川広美(なかがわひろみ)

中川広美プロのその他のコンテンツ

Share