まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中川広美

妊娠できる心と身体にする妊活リフレのプロ

中川広美(なかがわひろみ)

Refuge (リフュージュ)

コラム

体を温める春の食べ物

冷え性改善

2013年3月11日

春という時期は冬から夏への季節の変わり目にあたり、体の中で「緊張の神経」とも呼ばれる交感神経が優位の状態から「リラックスの神経」とも呼ばれる副交感神経が優位の状態に体調が変わる変わり目の季節です。

春でも寒い日は交感神経が良く働いて、温かい日は副交感神経が良く働く。一週間のうち、ある日は交感神経優位、ある日は副交感神経優位になるので、バランスがとりにくく、ここから自律神経失調という状態が起こりやすくなります。

自律神経の神経細胞に必要な栄養素は「ビタミンB1」と「カルシウム」です。
ビタミンはB1が含まれる野菜は…
ネギ、ニラ、ニンニク、タマネギ、ラッキョウ

春には特にこれらを多めに摂りましょう。
小麦、胚芽にも入っているので、黒パンや胚芽米もオススメ。

カルシウムは…
小魚やエビ,イカ、タコ、貝、牡蠣などの魚介類、黒砂糖、海藻類、チーズ、自然塩など

また、漢方では生姜とシソの葉が昔から「気を開く」「抑うつ状態をとる」といわれています。
生姜紅茶やシソの葉を入れた味噌汁、シソの葉のてんぷらなど、生姜やシソの葉を摂ることは春先の精神的な不調には効果的です。
この時期を乗り越えるには、野山に芽吹く山菜や、花菜(菜の花、ふきのとうなど)を積極的に摂りましょう!山菜や芽のものには、植物が活動をはじめるのに必要な良質のたんぱく質や、多種多様なビタミン、ミネラルが含まれます。こうした山菜や花菜、木の芽に含まれるアルカロイドという苦味成分には、人の細胞を活性化する作用があります。これを食べることで人の細胞も刺激を受け、冷えが緩和されます♪

■おすすめ春の冷え性改善食材
①山菜:うど、たらの芽
②春の青菜:せり、小松菜
③花のつぼみ、木の芽:菜の花、山椒の若葉(木の芽)
④香味野菜:にんにく、にら、エシャロット

ぜひ、参考にしてみてくださいね☆

体を温めるリフレクソロジーは
http://www.r-refuge.com/index.html

ご予約はこちらから
http://www.r-refuge.com/shop/mail/

妊娠できる心と身体をつくる

〜Refuge〜
http://www.r-refuge.com
富山県富山市富岡町86
ノーヴァ102号室
お問い合わせは
09023784466
お急ぎの場合はお電話&ショートメールにてお願い致します。

この記事を書いたプロ

中川広美

中川広美(なかがわひろみ)

関連するコラム

中川広美プロのその他のコンテンツ

Share