まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
中屋みゆき

住まいから人を変える建築のプロ

中屋みゆき(なかやみゆき)

森のくらしM&D

お電話での
お問い合わせ
076-464-3805

中屋みゆきプロのご紹介

くらしを楽しむための空間をデザインする建築家(3/3)

森のくらしM&Dでは、無垢の木など自然素材を生かした木造住宅を設計、施工している

建築家と職人技の原点

 中屋さんは愛知県立芸術大・野田理吉教授のアトリエで学び、デザインの基礎を身につけました。建築空間の機能性と美しさを追求するためには、人間工学に基づいて室空間から要素空間、機器空間、人間動作までを考え抜くことが必要です。また、五感から生まれる心地良さと豊かさをデザインによって実現するためには、感覚・知覚の認識プロセスを踏まえなければいけません。「良い建築は、人と建物をトータルでプロデュースすることによって生まれます」。空間をデザインする建築家としての原点がここにあります。

 1989年に「ワークショップMD」を設立し、ハウスメーカーのアドバイザーや住宅、医院、店舗などのデザイン設計を手掛けます。2000年に社名を「中屋みゆき建築デザイン工房」に変更。「デザインだけでなく施工までの建築をトータルで中屋さんにお願いしたい」との要望が増え、2008年に「森のくらしM&D」を設立しました。

 すべての施工は「職人技を活かした『顔の見える職人』と仕事をしています」。中屋さんにとっても、住まい手にとっても頼もしい家づくりのパートナーであり、同社では「森のくらしの仲間たち」と呼んでいます。

 中屋さんの夢は、老後を穏やかに心豊かに安心して暮らせる「森の中の村づくり」。「互いに共感し、自分のできる事で助け合い、共存できる環境づくりです。建築家だからこそできる仕事だと考えています」

 『自分らしく』『楽しみながら』『自然と共に暮らす』。理想の空間を創造するため、建築と人との可能性を追求していきます。

(取材年月:2010年11月)

3

中屋みゆきプロのその他のコンテンツ

Share

中屋みゆきプロのその他のコンテンツ