まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
毎原恵

和室を快適にする畳のプロ

毎原恵(まいはらめぐみ)

株式会社マイハラ

コラム

畳の大掃除・防湿防虫シートの効果

2016年12月12日 / 2016年12月22日更新


畳の大掃除

あと今年も3週間になり、かなり焦っている㈱マイハラ代表の 毎原 恵です。

12月の家庭の大仕事と言えば大掃除ですね。
毎年畳を上げて畳下の床の掃除が恒例だったのも近年は畳を上げて掃除をするという光景は見ることがなくなりました。
その風景が見れたのは昭和中頃まででしょうか・・・その時代が若干わかる年齢の代表です。

なぜ畳を上げて掃除しなくなったのか。
ひとつは畳床がわら床から建材床に移行していったことが一番の理由になると思います。

わら床は藁を糸で締め付け何層にも重なりあっていますので、湿気を含んだままにしておきますと見えない隙間にダニが卵をうみつけ繁殖します。
藁床の畳を使用されていらっしゃるお宅は、なるべく毎年掃除されたほうがいいと思います。
建材床は、木材のチップを固めた畳用のインシュレーションボードを使用しているのでダニがわきにくいのです。
そのため、畳を干す作業は必要がないとメーカー側は言っています。
それでも5年に1回くらいは畳を上げて掃除をするのがお勧めです。

しかし高齢化、畳を干すスペースがない、近所に迷惑だったり、何といっても畳は、重いのでなかなか気が進みませんね。

そこで、畳屋さんの登場なのですが、3~5年の裏返し、7~10年の表替えを繰り返していくと、畳の下や、タンスの裏などの大掃除が一緒にできるというメリットがあります。

その際に、防湿・防虫シートを敷いて、取り替えていくといつも気持ちよく過ごすことができます。

防虫防湿シートの効果

防虫効果は紙に薬品を注入していありますので、ダニの発生や床下からの虫の侵入などを防いでくれます。
床板が杉板を並べている場合、下からの風の防止や、湿気も吸い取ってくれます。
防虫効果は1年ですが、防湿効果は濡れてカビない限り効果は持続します。

只今畳の入れ替え、畳の表替えのお客様に防虫・防湿シートプレゼント中です。
マイベストプロを見たとお伝えくださいませ!

http://maihara-tatami.co.jp/renovation

この記事を書いたプロ

毎原恵

毎原恵(まいはらめぐみ)

毎原恵プロのその他のコンテンツ

Share

毎原恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0766-83-7040

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毎原恵

株式会社マイハラ

担当毎原恵(まいはらめぐみ)

地図・アクセス

毎原恵のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-08-23
facebook
Facebook

毎原恵のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-08-23
facebook
Facebook

毎原恵プロのその他のコンテンツ