まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
毎原恵

和室を快適にする畳のプロ

毎原恵(まいはらめぐみ)

株式会社マイハラ

コラム

畳の修繕の種類

2016年12月4日 / 2016年12月22日更新


畳&リフォームの株式会社マイハラ 代表の毎原 恵です。

この連休は車の冬タイヤに交換された、交換しようと思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
私の車は今年タイヤを新しくするのでお店で変えてもらう予定です。
会社のトラックなどは頼れる従業員にお願いします。
これからですが、感謝感謝ですね。

畳の修繕の種類
・畳の裏返し
・畳の表替え
・新畳に入れ替え

今日は畳の修繕の違いについて書こうと思います。
写真は20年前に当社で納品した畳を表替えするために引き取ってきたものです。

最初に家を建てたときには部屋に合わせて新しく作ったものを敷き込みます。
そして何年かすると畳の表(ござ)が焼けてきたり汚れたりして、
畳の修繕をするわけですが、
表面的な汚れだけならば、畳床(畳のござをはぐった本体部分)はそのままに
裏返しもしくは表替えをお勧めします。

裏返しと表替えの違いは、
裏返し・・・畳縁を取り除き、畳表(ござ)をはぐって、既存の畳床に、
その表(ござ)を使って裏にひっくり返してまた取り付け
       新しい畳縁を付け、完成させる
表替え・・・畳縁を取り除き、ござをはぐって、既存の畳床に新しい畳表(ござ)を取りつけ
新しい畳縁を付け、完成させる

裏返しは4~5年くらいで行うのが理想です。なぜなら年数がたち過ぎると裏まで日に焼けたり、角の部分が擦れて土台が見えている場合施工できないからです。
そうなると表替えになります。
表替えは使う頻度によって7~10年くらいで行うのが理想です。
同じ畳床で2~5回は表替えが可能だと思います。

そして、使用頻度にもよりますが20年以上になると畳床(土台)が痛んでくるので
土台ごとすべて新畳に取り替えになります。。

まれに縁だけ取り換えることもございますが、
畳を引き取ったり納品したりすると、裏返しとあまり金額が変わらないので裏返しをお勧めします。

年数はあくまでもおすすめで、実際は20年で初めて表替えをされるお客様もたくさんいらっしゃいます。
30年ものでも、しっかりした畳床は表替えも可能ですし、どうしたらよいかわからない場合は、
ぜひ畳ドクターの私、毎原 恵お問い合わせくださいませ。
畳の診断は無料です。(診断地域は富山市・高岡市・射水市)
株式会社 マイハラHP

この記事を書いたプロ

毎原恵

毎原恵(まいはらめぐみ)

毎原恵プロのその他のコンテンツ

Share

毎原恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0766-83-7040

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

毎原恵

株式会社マイハラ

担当毎原恵(まいはらめぐみ)

地図・アクセス

毎原恵のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-08-23
facebook
Facebook

毎原恵のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-08-23
facebook
Facebook

毎原恵プロのその他のコンテンツ