まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
田川考作

近視・老視矯正・白内障手術のプロ

田川考作(たがわこうさく)

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山

お電話での
お問い合わせ
0766-67-8910

コラム

電車の運転士と視力

2011年8月30日 / 2014年6月4日更新

運転士「眼鏡ない」で新幹線停止 線路上で派遣要員と交代


 28日午後8時14分ごろ、東京発博多行きの山陽新幹線のぞみ53号の男性運転士(48)が、運転中に自分の眼鏡がないことに気づき、東京指令所に連絡した。列車は岡山駅の手前で緊急停止した。



 JR西日本によると、運転士は新大阪駅から乗務。指令所は、岡山駅にいた別の運転士を交代要員として上りの新幹線で派遣し、すれ違う地点でいったん停止して線路上で交代させた。のぞみ53号は約45分遅れで運転を再開した。



 同社によると、新幹線の運転免許は視力によって眼鏡の着用を義務づけているが、この運転士の免許の条件は調査中という。



運転士は「汗を拭こうとして眼鏡をかけていないことに気づいた」と話しているという。



 国の基準では、視力が0・9以下の新幹線の運転士は、乗務中に眼鏡等の装着が義務付けられている。この運転士は今月2日の視力検査で右0・9、左1・0と診断され、眼鏡が必要になったばかりだった。



眼科たがわの感想

運転士はレーシックで視力矯正しておけばメガネ不要になるから、この件は起きなかったでしょうね

視力0.9は近視や乱視度数がかなり軽いのでレーシックでかなり治しやすいと思います



ただし、鉄道会社によって運転士のレーシックは認めてるところと禁止してるところがあるようです
鉄道運転士の視力基準は昔からあまり変わりなく コンタクトレンズ着用も禁止していた会社があるそうです

確かに鉄道会社の幹部の方々は最新の眼科 視力矯正の分野に関して興味は少ないでしょうし

しかし、今回の件で損失は数百万円~一千万円以上(我々一般人が電車を停めたら高額の賠償金が必要なはず)かかるとしたら、運転士へのレーシック許可が下りるかもしれませんね




院長ブログは下記をクリック
http://ameblo.jp/kzexxpr/

パソコン ホームページ
http://www.tagawa-ganka.com/

携帯電話 ホームページ
http://www.tagawa-ganka.com/i/

この記事を書いたプロ

田川考作

田川考作(たがわこうさく)

田川考作プロのその他のコンテンツ

Share

田川考作プロのその他のコンテンツ