まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
児島三津男

痛くない、怖くない歯科治療のプロ

児島三津男(こじまみつお)

こじま歯科医院

お電話での
お問い合わせ
076-493-7399

コラム

インビザラインでする矯正治療の流れ1

2018年1月2日


基本的にインビザラインでする矯正治療も

ワイヤーを使う治療も流れは同じです。

初診で来院されると「歯並びのどこが気になるのか、どう治したいのか」を

お聞きして、大体の費用期間などについてお話します。

このときにワイヤーを使う治療とインビザラインでする治療の

メリット、デメリットをお話します。

この2つの治療法の一番の違いは

インビザラインは、マウスピースを1日20時間以上つけていなければなりません。

ワイヤーでする矯正治療は、装置を自分ではずすことはできませんから

24時間つけっぱなしです。

インビザラインは食事するとき、歯を磨くときははずします。

はずしている時間が長いと歯は動きません。

「装置をつけているという責任」は患者さんにあるわけです。

「マウスピースをつけているとどのような感じになるのか」体験してから

治療を決めていただくために、当院ではプレライナーというマウスピースを

2でお話する検査の後で入れていただいています。

「インビザラインでは、自分で装置を付けていなくてはならない」ということです。

この記事を書いたプロ

児島三津男

児島三津男(こじまみつお)

児島三津男プロのその他のコンテンツ

Share

児島三津男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-493-7399

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

児島三津男

こじま歯科医院

担当児島三津男(こじまみつお)

地図・アクセス

児島三津男プロのその他のコンテンツ