まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
嶋直樹

ジュエリーコーディネートのプロ

嶋直樹(しまなおき)

オートクチュール宝飾サロンJ.C.BAR

コラム

祝!オリンピック東京開催記念。オリンピックと宝石のおはなし。

Jewelish~輝く願い~

2013年10月10日 / 2014年6月4日更新

東京以外の最終候補地より


今回のジュエリッシュのテーマは7年後の東京開催が決まったオリンピック。4回シリーズの最終話です。橋本さんのメダルのお話し、小俣さんのゴールデンパールのお話し、弥生さんのティアラのお話しに続き、何をお題に書こうか本当に悩んだのですが、東京と共に最後まで2020年オリンピックの候補地としてしのぎを削ったトルコとスペインにまつわる宝石のお話をさせていただきます。

え!トルコで採れない!?


トルコの宝石と言えば頭に浮かぶのはトルコ石!という方もいらっしゃるかと思いますが実はトルコ石はトルコで採れる宝石ではありません。のっけからがっかりな感じですが、トルコの隊商によってもたらされたとか、トルコを経由して流通したということからその名がついたという諸説があります。由来はともあれ、有名宝石の中で国の名前が宝石名にとして定着しているのはトルコ石だけと覚えておくとちょっとした楽しいエピソードと言えるでしょう。実際のトルコ石は現在急激に枯渇しており、特に良質なトルコ石が採れるアメリカのアリゾナ州でも殆ど産出が見られなくなったと言われています。

アンダルシアに憧れて?

そして、もう一つの候補地だったマドリード。その南方にあるスペイン・アンダルシア地方で産出したのがアンダリュサイトという宝石です。あまり有名な宝石ではありませんが、宝石ファンの心をくすぐる美しさで、この地で産出した事が名前の由来と言われています。グリーンから茶褐色、ピンク色に近いものまで様々な色調が見られる宝石ですが、多色性が強く角度によって異なる色が見え隠れするのが楽しい特徴です。同じ宝石の中でもかなり色のバリエーションが豊富なのでどの色も美しいのですが、ピンクに近いアンダリュサイトの色調は熟成されたシェリー酒の色調を思わせ僕は大好きです。スペインの大地や環境が生み出したシェリー酒とアンダリュサイトの色調が似ているというのは何となくロマンチックな気がするからです。

先の2012年のオリンピックでは204の国と地域から、11,000の人たちが参加したそうです。2020年の東京でも様々な国から集まった選手たちの、宝石に負けないくらいのたくさんの輝きが誕生することを楽しみです。

ジュエリーコーディネーター嶋 直樹

この記事を書いたプロ

嶋直樹

嶋直樹(しまなおき)

嶋直樹プロのその他のコンテンツ

Share

嶋直樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-425-8108

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

嶋直樹

オートクチュール宝飾サロンJ.C.BAR

担当嶋直樹(しまなおき)

地図・アクセス

嶋直樹のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook
google-plus
Google+

嶋直樹のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook
google-plus
Google+

嶋直樹プロのその他のコンテンツ