まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
砂田嘉寿子

お墓を守るプロ

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

お電話での
お問い合わせ
076-427-1160

コラム

そのこだわりは誰のため?お墓づくりでぶち当たる「自我」について

お墓は「生き方」

2018年6月22日



お墓にもいろいろなデザインやカタチ、石種が登場し、各人がそれぞれ自分たちの「こだわり」を表現できるようになりました。
見た目だけでなく、見えない部分の構造にこだわる方も、ひと昔前に比べると増えてきています。

そこで、ふと思ったことがあります。
それはその「こだわり」の起因が、「自分自身」になっているケースが増えてきているのではないか。
そしてこの現象こそ、「昔の人」と「現代人」との大きな違いなんじゃないか、ということです。

「自我」>「亡き人への想い」

お墓は、亡き人が眠る場所であると同時に、今生きている人が故人を偲ぶ場所でもあります。
同じ家族の住み処で考えると、家が100%生きている人たちのための場所として存在しているのに対し、この終の住処のお墓は、50%が亡き人のために存在し、残り50%が「私」のための存在といえます。

そのため、そのお墓に自分の想いを投影しようと考え、それが「こだわり」となってカタチになります。

ただし、そのこだわりを突き詰めていくと、100%自我が表出している、といえなくもないときがあります。

家を建てるときに、ただ自分のこだわり一点張りで考えることは、そうないんじゃないかと思います。
他の家族のことを考え、それでも余裕があれば自分のこだわりの部分を作るかもしれませんが、自分一人の家でない限り、それを全面に押し出して主張することはないはずです。

しかし、ことお墓に関しては、それが可能になります。

たとえば、故人が「小さいお墓でも良いから、墓を建ててほしい」と言って旅立ったとします。
この場合は、お墓が小さいか大きいか、石種がどうかこうか、カタチがどうだ、について言及しているのではなく、「自分が安心して眠る場所、そしてそこで家族に供養してほしい」願いが第一番にあります。

しかし、これが生きている人の立場になると、「小さいお墓。安いお墓でいいと言って死んだ」と変換されてしまうのです(笑)
ようするに、亡き人はお墓という「場所」について言及していたのに、生きている人はそれを「モノ」と「カネ」に変換し、それを起点に考えるようになってしまうのです。

そうなるのは当然のことでしょう。
もしかしたら、そう仕向けてしまったのは、私たち業者側かもしれません。

また、故人を偲ぶためにお墓にこだわる場合もあります。
それ自体はなんの問題もないですし、そのこだわりの部分にしっかり応えられるのかが、石屋の腕の見せどころになるのですが、それが行き過ぎてしまい、そこに完全無欠の精度を求めるようになる人もいます。

もともとは、「故人を偲ぶためのこだわり」だったのに、「これが私のこだわり」になってしまっていることに、気がついていないのです。

仏塔だったころのお墓と現代のお墓の違い

昔、まだお墓が仏塔として、人々にとってもっと宗教的な存在として受け入れられていたとき、現在「こだわり」とされる「個人の思い入れ」は、宗教が受け入れていたのかもしれません。

宇宙をかたちづくる五大思想を元に作られた、室町時代から江戸時代のお墓の基本形である五輪塔は、まさにその「こだわり」を宗教的意味合いで昇華したものでありました。

豊国廟 wikipediaより

しかし現代のお墓は、宗教的意味合いが薄れてきて、個人のこだわりを反映するためには、「モノ」にこだわるしか手段がなくなってしまいました。

そして、私たち石屋はそれを言わば後押ししてきた部分があるのです。

まとめ

世の中が変わっていくことは、別に悪いことではありません。
ただ、どう変わってきているのか。何が変わったのか。また、何が失われたのかについては、しっかり認識しておきたいのです。

現代人とお墓という部分でみると、昔は宗教が担っていた「個人の思い入れ」が、宗教に代わって、業者がその思い入れをカタチにすることで昇華している部分があること。

そして、宗教が担っていたからこそ昇華できた「自我(個人)」は、業者が担うことによってますます誇大化してきて、お墓は亡き人の場所であるよりも、生者の場所になりつつあること。

そうなってきたことで、お墓づくりが幸せなことではなくなってしまっていないだろうか。
人目を気にしすぎる風潮をつくっていないだろうか。
少なくとも私は、それらのことに自覚的でいなければと思うのでした。
----------------------
【メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子と「LINE@」でトークできます!!】
クーポン券、オリジナルニュースレター公開など、「LINE@」限定のサービスがあるので、ぜひご登録ください☆
ご相談、お問い合わせにもご利用ください。
↓↓こちらのリンクから友達登録できます↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40kgg2249p

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└───────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
─────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
└「墓じまい」「改葬のご用命も承っております。
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

砂田嘉寿子

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

砂田嘉寿子プロのその他のコンテンツ

Share

砂田嘉寿子のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
instagram
Instagram
youtube
YouTube
2017-04-23
google-plus
Google+
facebook
Facebook