まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
砂田嘉寿子

お墓を守るプロ

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

お電話での
お問い合わせ
076-427-1160

コラム

児童虐待からお墓まで。家族と社会のあり方をどう更新していくのか

2018年6月19日 / 2018年6月22日更新



児童虐待が大きな社会問題となってきている現代ですが、この問題を「家族」のテーマで考えていくと、私たちがお墓の仕事をとおして向き合う際に浮かび上がる問題と、根本的な共通点があるように感じます。

これまでなんとなく先送りにしてきた、「個別の家族と社会のあり方の転換期」が、いよいよ差し迫ってきている。今はそういう状況にあるのだろうと思います。

こちらの現代ビジネスに掲載された記事日本から「児童虐待」が絶対なくならない理由といま必要な10の対策を読み、なおその感を深めたしだいです。

記事内では、家庭内で起こるこういった個別の問題が政治的に対処できない理由は、その個別の事象にたいして政治側に想像力が働いていないこと、また個別の家族と社会の乖離が進んでいることが挙げられています。

現代社会と家族のありよう

これまでの社会は、今ほど大きな格差がなかったこともあり、各家庭、そしてそれにともなうコミュニティーがあり、それぞれの問題を助け合いながら解決していく、自浄作用能力があったのではないかと思うのです。

そのコミュニティーの基本形は、「親類縁者」で、そこから「近所づきあい」に派生していく。

同じく現代ビジネスの記事「日本はなぜ子育てが世界一難しい国になったか?50年で変わったことでは、現代の母親が抱える育児不安は、1980年以降に社会問題となってきたことを示しています。
50年前にはあった、兄弟姉妹間の子育てコミュニティーが少子化の影響で少なくなり、ご近所づきあいも減り、自然発生的に生まれるコミュニティーが消滅してしまった現代。

その代替えとして公的機関が果たせる役割は、あまりにも少ないといった現状があるようです。

現代社会は多様化を推しすすめながらも、それに対応できるだけのコミュニティーがない。また、多様化していく社会は格差が生まれ、より孤立していく。

この点は、お墓からみえてくる家族という問題にも非常に似通っています。

お墓にもつうじる、家族をとりまくコミュニティーの変化

まず一つにあるのが、少子化。
子どもが少なくなっていくのと裏腹に、先祖の数は相対的に増えていきます。
そのため将来的なことをふまえて、お墓を両家墓にするなど、埋葬場所を考える人たちはふえています。なかには、遠い先祖は永代供養墓に合葬し、近い血縁だけで埋葬すると割り切っているのが今の家族の一つのカタチでもあります。

ひと昔前は、先祖の数より生者の数が多いので、遺骨を守る、お墓を守ることはそうむずかしい話ではなかったのですが、その数が逆転していくと、家族が何らかの対策を考えないといけない状況になります。

そしてその対策について、公的機関の役割という部分では、「お墓の住民票」に取り組んでいる横須賀市の事例もありますが、こちらも無縁墓に対処する根本的な対策とはなっていません。

遺留遺骨に歯止めがかかり、今あるお墓に納骨することはできても、その後、無縁になってしまえば同じことが起こるのではないかと思います。

あらたなコミュニティーができるかどうか

先にあげた児童虐待から浮かび上がる今の家族がおちいってしまう問題も、お墓についての悩みも、「家族をとりまく社会」という点でみると共通点があります。

お墓よりも先に児童虐待についての対策が急がれますが、子育ては家庭内での問題ということもあり、そこに踏み込んでいける強制力がないために、こうして命が失われてはじめて社会問題化するといったジレンマがあるのも事実です。

日本はこれまで「家族のつながり」が大きかった分、そこがあまりに聖域となってしまっているのかもしれません。しかし現代の問題は、この「家族」から発生しているものも多く、だからこそ家族と社会のつながりに目を向けていく必要があるのでしょう。

その社会とは、公的機関だけを指すのではなく、民間からでてくるコミュニティーもふくみます。そういった意味では、私たちそれぞれが、今後、より主体的に社会と関わっていく必要性があるのだろうと思います。

----------------------
【メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子と「LINE@」でトークできます!!】
クーポン券、オリジナルニュースレター公開など、「LINE@」限定のサービスがあるので、ぜひご登録ください☆
ご相談、お問い合わせにもご利用ください。
↓↓こちらのリンクから友達登録できます↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40kgg2249p




┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└───────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
─────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
└「墓じまい」「改葬のご用命も承っております。
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

砂田嘉寿子

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

砂田嘉寿子プロのその他のコンテンツ

Share

砂田嘉寿子のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
instagram
Instagram
youtube
YouTube
2017-04-23
google-plus
Google+
facebook
Facebook