まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
砂田嘉寿子

お墓を守るプロ

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

お電話での
お問い合わせ
076-427-1160

コラム

道標のようなお墓 ~棟方志功の静眠碑~

お墓 古今東西

2014年8月28日 / 2016年10月3日更新

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

去年の9月の三連休、ちょうど棟方志功の祥月命日近くのその期間に、福光町にある棟方志功記念館「愛染苑」を訪れました。
そこで記帳していたので、今年は命日の法要・愛染忌(あいぜんき)のご招待ハガキが届きました♪


福光の町は、棟方画伯が戦時中に疎開したゆかりの地。

浄土真宗が根付いた富山の福光という地は、仏教の精神に深く傾倒していた棟方にとっても、精神世界をより豊かにし、その後の宗教的な画題を生み出す源となった地であると言っても過言ではありません。

仏殿を荘厳する散華のように、自身の作品を華にたとえ、作品によって仏を賛仰する心地を述べていた棟方。

また、自身の作品に「○○の柵」と名付け、四国巡礼の際に寺々に納める回札である柵のように、一柵ずつ願いをかけて、生涯の道標を置いていく、無限に続く想いというのを、この「柵」という文字に込めていました。

記念館前には、疎開時に家族と住んだ住居兼アトリエ「鯉雨画斉 りうがさい」があり、トイレにまで描かれていた壁画がそのまま残されています。
そこでは、棟方のお墓についてのエピソードもチラッと聞くことができました。

ゴッホに憧れて芸術家への道を歩み始めた棟方は、生前にそのゴッホの墓のデザインをそっくりそのまま摸して自分のお墓を作りました。しかしお墓の大きさは、ゴッホをも超え世界のムナカタになった誇りからか、少し大きく作ったといわれています^^


(棟方志功記念館より)

亡くなる前年に建てられ、墓碑の前面には「棟方志功 チヤ」と夫婦の名前が彫ってあります。
生前墓の夫婦墓。そしてオリジナルデザイン墓ということで、かなり時代を先取りしていますね!

没年には永遠に生き続けるという意味を込めて「∞(無限大)」と彫ってあります。

棟方のお墓の後ろには、
「驚異モ/歓喜モ/まして悲愛ヲ/儘(ツク)シ得ス 不儘(ふじん)の柵」と彫ったブロンズ板がはめ込まれています。

棟方志功のお墓は、彼の最後の「柵」であったのかもしれません。
そしてその想いのとおりに、棟方の作品は、彼が死してもなお芸術という不屈の道を歩き続けていっています。

愛染忌は9/13~9/15の三日間開催されています(法要は9/13)。
芸術家の精神世界を豊かに育んだ地、福光をぜひ訪れてみてください。

この記事を書いたプロ

砂田嘉寿子

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

砂田嘉寿子プロのその他のコンテンツ

Share