まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
砂田嘉寿子

お墓を守るプロ

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

お電話での
お問い合わせ
076-427-1160

コラム

「縄文人の埋葬」 日本石材工業新聞より

お墓 古今東西

2014年3月12日 / 2016年10月3日更新

こんにちは☆
富山の墓石専門店 ㈱スナダ石材・墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

今月の日本石材工業新聞のコラム「お墓の歴史と現代社会」は【縄文人の埋葬】というお題で、各地の遺跡からの発見を紹介しています。

富山でも富山市呉羽の【小竹貝塚】から、新たに縄文人の人骨が90体以上発見されたことがニュースになっていましたね。
縄文人の埋葬法として多いのが【屈葬】です。
屈葬というのは、母親のお腹の中にいる、あの胎児の姿です。
屈葬が多い理由として、墓穴を掘る面積が少なくて済むという側面が考えられるますが、貝塚から人骨が発見されたことを合わせて考えると、食料だった貝の殻の捨て場所と同じ所に遺体を埋めたことは、意図的であったかどうかは不明ですが、酸性の土壌が貝殻によりアルカリ性になることで遺体の損傷を抑える役目が働き、また胎児の姿で生を終えるという形からも何だか【生命の循環】が見えてくるから不思議です。

私達は命あるものをいただき、そしていつか必ず自身の命を終えるわけですが、貝塚からはその命のサイクルが貝殻と屈葬という形とともに浮かび上がってくるようです。

また、墓穴の底部には板材が敷かれていたことが確認されています。千葉県の貝塚からは底部に土器の破片が敷き詰められていたことも分かっていて、富山市の小竹貝塚からも人骨とともに土器や石器が見つかっています。
このことからも縄文人が単に穴を掘ってそこに直接遺体を安置し、土を被せただけとは考えにくいようです。

縄文人がこうした死や遺体への尊厳を持って意図的に埋葬したかどうかは、6千年以上前のことで推定するしかありませんが、少なくとも私達がこのような事実から遥か人類の昔から【人間らしい優しさ】が存在したと考えようとすることは、逆に言えば、その人間の優しさを信じたいという願いがあるからに他ならないと思うのです。


このコラムに興味がある方はこちらも合わせてご覧ください!!

┌─株式会社 スナダ石材   http://www.e-isiyasan.com/
└─────────────────────────────────
墓石・お墓リフォーム・墓石クリーニング・建築石材・ガーデニング石材

◇お問い合せ・ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。 info@e-isiyasan.com

◇本社 墓石展示場 〒930-0177 富山県富山市西二俣612
       Tel.076-427-1160 Fax.076-427-1161

 ◇フリーダイヤル 0120-14-8318(いしやさんいいわ~)

┌─最新情報
└─────────────────────────────────
◇スナダ石材のお得イベントご相談会最新情報
  └スナダ石材のお得なイベントご相談会・最新情報履歴をご紹介いたしております。
  http://www.e-isiyasan.com/new/index.htm

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇墓石デザインでお悩みの富山県の皆様へ
  └スナダ石材のデザイン墓石は大切な方との想い出を美しく残します。 
  http://www.e-isiyasan.com/works/index.htm
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/reform/index.htm
  ────────────────────────────────
◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/company/message.htm

この記事を書いたプロ

砂田嘉寿子

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

砂田嘉寿子プロのその他のコンテンツ

Share