まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
砂田嘉寿子

お墓を守るプロ

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

お電話での
お問い合わせ
076-427-1160

コラム

「和食」から考える「自然葬」 自然と作為について

お墓は「生き方」

2013年12月19日

こんにちは☆

富山の墓石専門店 スナダ石材 砂田嘉寿子です。

先日、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録決定というニュースが駆け巡りましたね。

この決定は日本人なら誰もが納得したのではないでしょうか。

そしてそのニュースを受けて、先日のNHKスペシャルでは「和食 千年の味のミステリー」が放映されていました。

和食と言えば、味噌、醤油、みりんといった「うまみ」を持つ調味料です。

この「うまみ」は実は日本特有の「カビ」から生まれています。
そう、あの「カビ」です(笑)

「うまみ」成分のアスペルギルス・オリゼはどうやって発見されたか


今から千年ほど前、日本人は自然界に漂う何億種類というカビの中から、アスペルギルス・オリゼという和食に欠かせない「うまみ」の元を発見しました。

元々は自然界に存在していた毒を出すカビであるアスペルギルス・フラブスから、この「A・オリゼ」が生まれたのですが、「種麹屋」という【カビの種】を作る問屋が何種類かのアスペルギルス・フラブスを繁殖させながら、その中からその時代の日本人が一番良いと感じたカビを選び取り、それだけを使うようになっていきます。
そうすることでそのカビ菌が突然変異を起こして毒を出さないA・オリゼになったと言うわけです。
日本酒もこのA・オリゼの力から生れています。

最近は「自然に還る」ということが注目されるようになり、その流れが人間の終末における「埋葬」の部分でも大きく取り上げられています。
むしろ、終末の事柄だから余計に「自然」であることが大事だと考えられるのかもしれません。

しかしここで思うことは、本当にありのままの「自然」であることが、幸せな形なのかと言うことです。

A・オリゼのカビの元は、毒性を持ったカビでした。
その「ありのままの自然」を「作為的に」選り分けたことで、独特の「うまみ」成分を出し、それをベースにした他の素材とのハーモニーが和食の魅力であるわけです。

その視点で「自然葬」を捉えていくと、ありのままの自然に近づけるということは、家族や人と人との繋がりという「ハーモニー」が消えていき、自然が本来持つ「厳しさ」に対峙する終末が待ち受けるだけになるのではないかと危惧します。

実際に、散骨や樹木葬などの「自然葬」は、お参りする対象となるお墓を作らなかったり、合祀墓になっているので、生前にご縁のあった方がどこに誰に手向ければ良いか分からないという声が聞かれています。

お墓とはどういう存在か


お墓の定義は色々ありますが、私は、「自然と作為の調和」であり、人と自然の共存、そして「人と人との調和」の象徴と考えています。

そこにあるのは「自然」だけでなく、かつての「人間」が存在しています。
いくら「自然」が存在していても、「人間」が感じられなければ「幸せ」を感じることは出来ないのではないでしょうか。

お釈迦様はお墓については何も語られていません。
その答えは私達の「心の中」にあるべきだからです。

この記事を書いたプロ

砂田嘉寿子

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

砂田嘉寿子プロのその他のコンテンツ

Share

砂田嘉寿子のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-11-14
instagram
Instagram
youtube
YouTube
2017-04-23
google-plus
Google+
facebook
Facebook