マイベストプロ富山
安田義広

ゴルフクラブチューニングのプロ

安田義広(やすだよしひろ) / 販売職

ファーストゴルフ工房

コラム

やっぱりウェッジはノーメッキ!?

2020年4月17日 公開 / 2020年4月18日更新

テーマ:チューンナップ情報

コラムカテゴリ:ビジネス

プロのウェッジはノーメッキが多い!

プロ(特に男子)のウェッジを見ると市販品ではあまり無いノーメッキの物を使っている選手が多くみうけられますね。
私もずっとノーメッキモデルを使用している一人です。
          AKIRA PROTOTYPE H-158 GN (私物)


ではなぜノーメッキにしているのか?

みなさんは単純に「ノーメッキのほうがスピンが効くから!」と思っている方が多いとおもいます。

ではなぜノーメッキのほうがスピンが効くのか?

メッキだと生鉄よりも硬くなる物が多くボールの勢いが強く出る場合があります。
ノーメッキだとボールとの接触時間が長くなり、良く言われる「フェースにボールが乗っている!!」と言う軟らかい感覚になります。
ボールの接触時間が長いと言うことは溝の掛かりも良くなるのでスピン量が増えると言う図式になります。

フェースにボールが乗るとコントロール性も向上します。
一度ノーメッキを使うと病みつきになり、次もノーメッキモデルにしたり、こだわる人はメッキを剥離して使用しています。
          メッキ剥離 (お客様使用)


ノーメッキだと錆びて茶色くなるのが嫌で使わない人もいますが、使用する度にスチールウールの様な物で錆びを取ってやると綺麗な状態が保てますよ!


興味ある方は是非お試し下さいませ。

この記事を書いたプロ

安田義広

ゴルフクラブチューニングのプロ

安田義広(ファーストゴルフ工房)

Share

関連するコラム

安田義広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-493-1374

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安田義広

ファーストゴルフ工房

担当安田義広(やすだよしひろ)

地図・アクセス

安田義広のソーシャルメディア

facebook
Facebook