まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
藁谷進

富山に合った住まいを提供する家づくりのプロ

藁谷進(わらがいすすむ)

株式会社アディック

コラム

風の通り道

住まいの設計

2017年7月21日

地上に降り注ぐ太陽エネルギーのおよそ2%は、地上の空気を暖め、大気循環を起こして、風に姿を変えます。
通風とは、文字通り風の通る道を言います。
南から北へ風の通る道をつくるだけでなく、東から西への風が通る道をつくると風量は4倍に増えます。
開口部を狭くすると風速は増し、大きいと緩やかになります。

断面計画が大変重要になります。
そのポイントは、「入りは低く、出ずるは高く」です。
高さの違う窓は風を通すのです。煙突効果と言います。

今はリンゴの家が主流になってますので、高い部分(2階やロフトなど)に排気用の窓を設置したら
1階や2階の窓を開けるだけで、自然に風が流れます。
エアコンだけに頼るのではなく、風を通して自然と共に生活したいものです。

「風は住まいの血液」と言います。
血液が元気よく流れる住まいで、健康に暮らしたいものです!

この記事を書いたプロ

藁谷進

藁谷進(わらがいすすむ)

藁谷進プロのその他のコンテンツ

Share

藁谷進プロのその他のコンテンツ