まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
藁谷進

富山に合った住まいを提供する家づくりのプロ

藁谷進(わらがいすすむ)

株式会社アディック

コラム

単純な屋根

住まいの設計

2016年7月28日

屋根の防水技術が進んで、フラット屋根や複雑な屋根が増えているようです。
しかし、昔から職人に言わせると「雨漏りしない屋根は無い」そうです。

屋根は単純な切妻屋根が一番危険が少ないようです。また美しい!

外壁保護を考えると軒の出はできる限り大きく!
昔の農家住宅は、美しくて理にかなっていて素晴らしいの一言!
その様な住まいを残していきたいと思います。

日本語の屋根という漢字は、不思議な言葉です。
家屋の上にあるのに、屋の根と書きます。
その意味するところは、大地にしっかりと食い込んでいるからだからです。
民家の屋根が美しいのは、大地Yと結びついた構造的合理性を持っているからです。
ムリ、ムダが無く、いわば生えるように建っていて、飾り気が無く、明快で正直です。
必要とされる形を無理なく処理することで、この美しいカタチが生まれました。

我々はその「美しいカタチ」を後世にしっかりと伝えたいと強く思います。

ポイント1 屋根はシンプルに単純にするほど美しく長持ちする
     2 谷など水が集まるところは雨漏りの原因となる確率が高い
     3 軒の無い家は外壁が著しく傷みやすい
     4 屋根が住まいの美しい表情を造る
     5 富山の暑さと雪には瓦屋根がベター

この記事を書いたプロ

藁谷進

藁谷進(わらがいすすむ)

藁谷進プロのその他のコンテンツ

Share

藁谷進プロのその他のコンテンツ