まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
田中俊夫

知的財産を保護、活用するプロ

田中俊夫(たなかとしお)

パートリア国際特許事務所

お電話での
お問い合わせ
0859-21-0812

コラム

山陰地方における知財活動について(その1)-知的財産って?-

米子にパートリア国際事務所を立ち上げて2年目と山陰での業務年数はまだまだ少ないですが、日頃の業務を通じて私が考える「山陰地方における知財活動」について少しずつ記載していけたらと思っています。

まずは、私の復習も兼ねて、知的財産に関する基本的なお話から。

知的財産については「知的財産基本法」という法律があります。
この法律は、新たな知的財産の創造及びその効果的な活用による付加価値の創出を基軸とする活力ある経済社会を実現して、我が国産業の国際競争力の強化を図ることを目的に規定されております(第一条)。

この法律で規定されているように、「知的財産」は、付加価値を作りだすことができ、ひいては、産業競争力を強化できる可能性を持つものです。

更に、「知的財産」って何か?についても、次のように規定されています(第二条)。
 ・人間の創造的活動により生み出されるものであって産業上利用できるもの
 ・商品又は役務(サービス)を表示するもの
 ・事業活動に有用な技術上又は営業上の情報
具体例として、
 「発明」、「考案」、「植物の新品種」、「意匠」、「著作物」、「商標」、「商号」、「営業秘密」などが挙げられています。これらの法律上の定義は、特許法、実用新案法、種苗法、意匠法、著作権法、商標法、会社法、商法、不正競争防止法に規定されています(ややこしいのでまた別の機会に記載したいと思います。)。

 このように、産業競争力を向上させ得る付加価値の創造のために、「知的財産」の創造、保護及び活用を図る活動が「知財活動」であり、皆様の「知財活動」が有用なものとなるように支援する仕事が私の仕事だと考えています(理想は高く!)。

 次回以降で、より具体的な内容に踏み込んで、少しずつ記載していけたらと思っています。

----------------
特許,実用新案,意匠,商標,品種登録,GI,著作権,営業秘密など
知的財産に絡むこと、絡みそうなこと、お気軽にご相談ください。

「相談してみたいけどどうすれば?」、「相談にはお金かかるでしょ?」という方は、
当サイトの「ご相談・ご依頼の流れ」、又は、弊所ホームページ
をご覧ください。

この記事を書いたプロ

田中俊夫

田中俊夫(たなかとしお)

田中俊夫プロのその他のコンテンツ

Share

田中俊夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0859-21-0812

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中俊夫

パートリア国際特許事務所

担当田中俊夫(たなかとしお)

地図・アクセス

田中俊夫プロのその他のコンテンツ