マイベストプロ山陰・鳥取
栗原光一郎

電子部品製造において不良原因を突き止め、解決するプロ

栗原光一郎(くりはらこういちろう) / 技術士

栗原光技術士事務所(くりはらぎじゅつしじむしょ)

お電話での
お問い合わせ
0857-52-3288

栗原光一郎プロのご紹介

電子部品の不良原因を突き止め、改善策を提示します(2/3)

栗原光一郎 くりはらこういちろう

専門的な調査で原因の解明を

 製造業の生産管理で重要視されるQCD、つまり品質、コスト、納期の三点は、密接に結びついています。顧客からの要望に添って、コストと納期を短縮するために工程や設備を変更すると、ささいな変更であっても品質に影響が出て、不良品が増えてしまうこともあります。増産のため、改良された最新型の機械を導入したところ、使っているうちに改良点が逆にデメリットとなり、新たに不具合が生まれるというケースもあったそうです。
 不具合の原因は、その製品や製造過程を観察して割り出しますが、いくつもの要素が絡み、容易には判明しないことも。栗原さんは、SEM(走査電子顕微鏡)やEDX(電子線を照射することで発生した特性X線を検出し、エネルギーで分光することで、元素や組成の分析を行うこと)などの専門性の高い道具や手法を用いて検査。異なる硬さの材料が混合している製品の場合、表面を削るのにも技術が必要で、断面をミクロン単位で調べることで不具合の原因を探ります。
 また、不具合の発生率や条件など、集めたデータを具体的な改善策に生かす方法も助言します。

 さらに、原因を突き止めても、対処法によっては顧客の信用を失うか、信頼を回復できるか、大きな差が出ることがあります。栗原さんの体験でも、見かけの不具合を指摘してきた取引先に対して、検査を重ね、本当の不具合の原因を突き止めて伝えたことがありました。市場で損失が出ていたにもかかわらず、その原因究明力に感心したのか、取引先とはその後も大口の取り引きが続いたそうです。

Share

栗原光一郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0857-52-3288

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗原光一郎

栗原光技術士事務所(くりはらぎじゅつしじむしょ)

担当栗原光一郎(くりはらこういちろう)

地図・アクセス

栗原光一郎プロのコンテンツ