マイベストプロ山陰・鳥取
平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(ひらおたかし)

有限会社クレイド

コラム

今年最後の課題発表会をしました。

2018年12月25日 公開 / 2019年9月12日更新

テーマ:最新情報

皆さんこんにちは!
デジタルハリウッドSTUDIO米子の桂藤です。

もうすぐクリスマスですね〜あっという間の2018年でした。
今年のクリスマスの予定は皆さんお決まりですか?

私はまた今年も仕事に明け暮れるクリスマスになりそうですが、これも年末年始に掃除に専念できる時間を作るため…!と思って頑張っております(笑)




##

今年最後の課題発表会

STUDIO米子では、毎月進捗に応じた発表課題制作というのがあります。
Webデザイナー専攻の人なら、1ヶ月目は名刺デザイン2ヶ月目は浮世絵「写楽」のトレースとリメイクをする…習得したスキルに応じた課題制作をし、スキルの復習と、プレゼンの練習を行っています。

##

テーマが同じでも、違うから面白い。




オリジナル制作は、みんなの個性が出てきます。テーマが同じでもみんなが作る作品が違うので、見ることでまた違うことがデザインの面白さ。

新しい発見と視点が生まれるのが、この発表課題の良いところです。

##

評価されることで伸びるスキル

発表会では、みている人みんなが評価シートを持ち、作品について評価します。

分かりやすかった、オリジナリティがあったか、プレゼン力は高かったかなど。

ものづくりは人からの評価がモチベーションを上げてくれるもの。

一緒にやっているからこそ、切磋琢磨して自らのスキルを磨いて行くことができると感じています。

##

毎月先輩たちの姿を見て成長できる。

デジハリは2ヶ月に一度ずつ新しい受講生が増えるので、発表会は、はじめての人もいるし、もう卒業制作を発表する人もいます。

最初は話もたどたどしい感じだけど、先輩たちの発表を聞いたり、すごい作品を見ることで、自分もあのくらい作れるようになりたい!とやる気もアップ。

毎月開催だから、3ヶ月目くらいにはしっかり自分の作品にコンセプトを持ち、プレゼン出来るようになります。

##

理由のないデザインはダメ!

デザインを勉強して初めての頃は、なんとなくでデザインを作りがち。

なぜ、その色にしたのか?
なぜ、ここに余白があるのか?
なぜ、この文字の大きさと種類なのか?

何かを伝えるために作るデザインには全て理由があります。
デザイナーは伝えたい事を写真や文字で伝えています。

でも、それはただ置いただけだと何がつたえたいのか分からない事がいっぱい。だから、余白や色、文字のバランスを調整しながら、伝えたい事を絞っていく作業がメイン。

25才の米子に住むOLに伝えたいときの色は?余白は?文字は?
40才の東京に住む男性会社員に伝えたいときの色は?余白は?文字は?

と言う具合にデザインをその伝えたい相手がビビッとくる物を配置していくんです。
先ほどあげた2人の特徴も、環境も違えば、響く言葉も写真もガラッと変わります。なんとなく…デザインをしてしまうと、その人たちにはなかなか共感してもらえない物になることが多々あります。

自分が伝わるだろうと思ったデザイン。
ターゲットとなる人が欲しい思うデザイン。
この二つのデザインのギャップをしっかり埋める事はとても大切な事なんですよね!!

##

発表することでギャップを埋めていく




STUDIO米子で毎月課題発表をしているのは、このギャップを埋めるためでもあります。

STUDIO米子に通っている人たちは年齢も環境もばらばら。
自分がいいと思って居ても、他の年代や趣味が全然違う人からみたら、全く違う意見が出てきたりします。

そこで、なるほど!え、意外だった!とう発見が、これから作品を作って行くときのギャップを埋めることに役立ちます。

みんなは見た後に評価シートというアンケートにそれぞれの作品の良い所や改善点をメモしていきます。

そのメモをみたり、直接話を聞いて更にブラッシュアップしていけるのは、デジハリがスクールだからこその利点!
ほんとうにこの部分は、独学では得られない貴重な意見なんです。

デザイン会社に入っても、意外と、生の声を聞く事ってありません。
営業さんからのお客様の声とか、社内デザイナーからのフィードバックばかり。そういう閉鎖された箇所でずっと作っていると、外からのコメントがわからず、どんなデザインが影響力を持つのかなどがわからないんですよね。


##

スクールだからこその利点、だから早く成長できる。

でも、こうやって学びの時にしっかり色んなひとからの講評をもらえるのは、すごく大きなステップアップ!だから、たった6ヶ月だけど、得るものはとても多いんですよね。

今年もあとちょっと。
来年からクリエイティブなことをはじめたい人はぜひ無料見学や説明会にご参加くださいませ。
今年の最終受付は29日が最後!1月や2月にスタートしたい人は今がチャンスです!

デジタルハリウッドSTUDIO米子

資料請求はこちらから!
無料見学・説明会受付中 フリーダイヤル 0120-110-047
公式サイトはこちら公式サイト
☆LINEはじめました☆
イベント情報や役立つ情報を月2回程度配信中!
友達登録はこちら

この記事を書いたプロ

平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(有限会社クレイド)

Share
関連するコラム

平尾貴志プロのコンテンツ