マイベストプロ山陰・鳥取
平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(ひらおたかし) / Webコンサルタント

有限会社クレイド

コラム

無理と思わずまずは、簡単な出来ることからやってみよう!

2018年12月10日 公開 / 2020年1月14日更新

テーマ:経験値アップ

コラムカテゴリ:ビジネス

こんにちは。
デジタルハリウッドSTUDIO米子の桂藤です。

昨日は急な対応仕事で、ブログが書けなかったので、今日はちょこっと続きだけ…





先日書いたいじめの記事について。
なかなか自分の意見をはっきり言うというのはむずかしいことかもしれませんが、
今はネットもあるので昔より自分の意見を吐き出しやすくなりましたね。

得た情報をすぐにアウトプットすると、ちゃんと身につくことも多いので、ぜひみんなにチャレンジしてもらいたいことだと思っています。

ネットの情報を信じすぎない!


今、みんな何かをしたいと思ったら、やる前に人に聞きますよね。
見る前にググるなど、自分で経験する前にネットや人の情報を信用してしまいがち。

もちろん調べてからやる事は大事ですが、調べた後、本当に自分がやってもそうなのか?とやってみるべきだと思います。

人が楽しくなかったという物も、自分がやってみたら面白かった!という事って沢山あるのに、やる前から面白くないらしいよと決めつけてしまうのは本当にもったいないことだなと思います。
自分が見たときに気になったら、何を聞いてもまずは自分でも試してみるってやってみてほしい!私は今までそうやって沢山の良いものを発見してきたし、その良さを人に伝えることができたと思います。

また、人の意見を聞くばかりでなく、自分のチカラに対しても自信が無い人が本当に多いですよね。

「デザインって自分にはできないと思うんです。」
「この仕事は自分には難しいと思います。」
「やっても人に迷惑かけるだけなんで…」

こんなセリフしょっちゅう聞きます!
でも!やってみなきゃ分からない事をできない、伝わらないで終わってしまうから、いつまでたっても経験値は上がらないし、デザインだって、仕事のスキルだって上がらないままなんです。

最近では、強く勧めるとパワハラだと言われてしまうことがありますが、
本当にパワハラなのかな?という事も多々あると思います。
相手が本当にあなたのことを思って怒っているなら、それはパワハラでしょうか?
本当にこうしておけば、いずれあなたのチカラになるから。そう信じているから仕事を頼んでいることも沢山あると思います。

ただ、気に食わなかったから、納得いかないからと怒鳴りつけるのはよくありませんが、パワハラだという内容を聞いてみると2〜3割は、その人は本当はあなたの事を心配していってくれているのではないだろうか?と思うことがあります。

自分に合わない仕事や向かない仕事、
やっても苦手なんだろうという仕事はありますが、これもやってみたら苦手な理由や克服方法が見つかるかもしれません。
仕事というのはそういう苦手なことにもチャレンジできるきっかけづくりにもなるでしょう。

視点を変えれば見えてくるものも変わってくる!


私も今、絶対向いてないって事を続けています。
もう3年くらいになるけど、未だに自分には合わないかも。人に怒られてばっかり、合わない。と思うことが多々あります。

でも、その中でも何が好きで、得意かをちょっとずつ把握して、苦手なことは、得意な人に任せる、居なければ得意な人を探す、育てる。と、やり方を常に変えてやっています。

仕事の嫌なところばかりを見つけずに、得意な箇所や好きな場所を意識して視点を変えると、びっくりするくらい仕事というのは気が楽になってきます。
仕事はしっかりやり遂げなくてはいけないという義務感や真面目さが、逆に苦手なところがよく見えてきたりするのではと思います。

みんな仕事がうまくいかなくて、凹んだり、自信を無くしたりして、
自分には向かない、出来ないんだと思ってしまうんだと思います。

でも、たまにうまくいくと、嬉しくてまたやりたくなんだから、そんなちょっとした成功でもいいからちょっとずつ楽しいこと、好きなことを見つけてもらいたいなと思います。

もし、失敗してしまったとしても、
失敗すると何がダメだったのか考えて、さっさと別の案をためしたらいいんです。
失敗を取り返そうと思ったりしなくても大丈夫。

ダメだったことを改善するより、うまくいった事をさらに良くするにはどうしたらいいかを考えるといいですよ!

改善よりゼロからリスタート!


ゼロが失敗したらマイナス1。
ゼロから成功したら、プラス1。

失敗を巻き返すのは大変。
マイナス1をプラス1にするより、プラス1をさらに成功させて2にするか、
マイナスはやめてゼロにして、ゼロからのプラスを求めるか。

こう書いてみると、失敗した方法を改善してやり直すのってバカバカしいと思いませんか?でも、割と失敗したら、もう一度どうしたらいいのか考えて挑戦しよう!って言ってくる人も多いですよね。

でも、失敗したことをまたやるって怖い事だし、失敗を恐れるあまり、前よりもコンパクトに収まってしまうことの方が多いはず。

だから、ダメだった方法は捨てて、もっと自分が楽しくできる方法を考えたらいいと思います。もしかしたら、名前を変えてみるだけで考えが変わるかもしれないし、一緒にやる相手を変えるだけで変わるかもしれません。

ゼロからスタートって聞くと難しそうに思いますが、
上記に書いてみたいに、ちょっとだけ変えるだけでも道って大きく変わることが多々あります。

ゴールは同じだけど、最初に持つものを変えるだけで別のルートからゴールを目指す。
そちらはもっと自分にやりやすくて、楽しい道かもしれません。

ぜひ、そんな道を選ぶための視野は広く持ってみてくださいね。
そうしたら、きっと今まで無理って思っていたことができるかも?に変わり、
まずはやってみるというスタートが切れるはず!

みなさんが、もし今何も変われない。
楽しくないと思っている人生を歩んでいるならちょっとだけ視点を変えてみてルートを変えてみてもらいたいなと思います。

たったそれだけのことで、これからの人生、ステキなゴールへ向かっていけるかもしれませんよ!!



デジタルハリウッドSTUDIO米子

資料請求はこちらから!
無料見学・説明会受付中 フリーダイヤル 0120-110-047
公式サイトはこちら公式サイト
☆LINEはじめました☆
イベント情報や役立つ情報を月2回程度配信中!
友達登録はこちら

この記事を書いたプロ

平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(有限会社クレイド)

Share
関連するコラム

平尾貴志プロのコンテンツ